服のシワを練習する前に知るべきこと

公開日: : 萌え絵の基礎

服のシワは髪の毛や手とならび最も描くことが難しい部位。
髪専門、手専門、服のシワ専門の参考書が売られるくらい、本当に初心者にとって頭を悩ませる部分です。

実は初心者がなかなか服のシワを覚えられないのには明確な理由があります。
それはとあるトラップがあるからです。

そしてそのトラップに気づくことができてやっと、シワを描くための第一歩を歩むことができるのです。

 

スポンサーリンク

 

●服のシワの大前提を知る

服のシワとは、布地が盛り上がっている場所のことです。

服がその服を着ている人間の動きによって引っ張られたり、押しつぶされたりすると布地が盛り上がります。
そしてその布地に光が当たることによって、明るいところと暗いところが生まれ、私たちはその陰影を見て服にシワがあると認識します。

つまり服のシワは
1.体の動きによって服の布地が盛り上がる
2.布地の盛り上がりに光が当たることによって明るいところと暗いところが生まれる
ということです。

2つのポイントをしっかりと押さえてください。
これが服のシワの大前提になります。

 

 

●初心者が服のシワを覚えられない理由

シワは布地が盛り上がっているところです。
そしてそこに光が当たることで、明るいところと暗いところが生まれます。

つまりシワは明るいところと暗いところ合わせてワンセットなわけです。

でも一般的な萌え絵を見てください。
萌え絵の服のシワは暗いところ、いわゆる「陰」の部分だけ描かれています。
シワの明るい部分はどこ行った?というと省略されて描かれていません。

萌え絵は陰の部分だけを描いてシワを表現しています。

初心者が萌え絵でシワを覚えようとするとき、暗い陰の部分しか見ていなければ当然シワを正しく覚えられるわけがありません。
それどころか暗い陰の部分のみがシワだと勘違いするとさらに泥沼になります。

シワを正しく覚えるためには、描かれている陰の部分と描かれていない明るい部分の両面を把握しなければなりません。

 

 

●シワを描くためには3つの視点が必要

服のシワを描けるようになるためには次の3つの視点が必要です。

①シワのできる場所

服の中でシワができやすい場所のことです。
たいへん資料が集めやすく、自分の姿を鏡で確認もできるので覚えやすいところです。
単純なポーズであるならば、だいたいシワのできる場所は決まっていてテンプレ化できるようですね。

②シワの種類

ひとくちにシワといっても色々種類があります。
そしてその種類によって陰影のつき方が変わったりします。

その人の観察眼が試されるところです。
しっかり観察し、どんな種類があるか探してみてください。

③シワの描き方

シワの描き方とはシワを塗るときの筆の動かし方、つまり運筆のことです。
もっと詳しく言えばどの筆を使うか、筆の大きさはどうするか、そしてどう筆を動かすかということです。

個人的にはここが一番知りたいところですが、正直情報が少ないです。
あえて挙げるならプロのメイキング動画がありますが、早回しだとどうにもならないですね……

 

シワを覚えるためには模写練習が一番良いと思います。
でも模写の題材をしっかり選ばないとせっかく模写しても意味がなくなってしまいます。

個人的にはシワを一本の線だけで描いた絵を使って模写するのは正直おすすめできません。
なぜならシワを一本の線で描いた絵は①のシワの場所はわかりますが、②のシワの種類と③の運筆についてはわからないからです。

シワを覚えたいのならば①②③の全ての要素をなるべく含んだ絵を選ぶことをおすすめします。
単純に上手いと言われている人のカラーイラストを模写すれば良いかと思います。

 

 

●まとめ

布地の盛り上がりの部分こそがシワと理解してはじめてスタートラインに立ったといえます。
これから色々なイラストを見て、服のどこの場所が盛り上がっているか探してみるといいでしょう。

またシワを観察するときは、服のどこにシワが寄っているか、どんなタイプのシワか、どう色を塗っているかを考えると良いでしょう。

一日一夕でシワは身につきませんが、そういった細かい観察や理解の蓄積がのちのちシワを描くための土壌になります。
腰を据えて取り組んでいただければと思います。

 

 

スポンサーリンク

関連記事

no image

【周辺視】視野を広げて絵を描こう!

周辺視という言葉を知っていますか? 周辺視とは網膜の周辺部を使って視野を広げ漫然とものを見る方法で、

記事を読む

no image

職業別に見る線の引き方

イラストの練習を始めるとまず壁にぶつかること、それは美しい線が引けないことです。 知識を得るために

記事を読む

no image

広角のイラストと望遠のイラストの違いについて学ぼう

広角と望遠の意味を知っていますか? 広角レンズや望遠レンズなどカメラ用語として認識している人も多いと

記事を読む

no image

人体を輪切りにして考えよう!

人体を横からスパッと輪切りにしたとき、その切り口がどう見えるかをイメージすることは、 人体を立体的に

記事を読む

no image

線をクリンナップしよう!

絵の練習、ラフで終わりにしていませんか? きちんと線をクリンナップして色を塗る状態までにしていますか

記事を読む

no image

【イラスト・絵】アイレベルについて学ぼう!

アイレベルを知っていますか? アイレベルとは「目線の高さ」のことです。 アイレベルは絵を描く上での

記事を読む

no image

【線の引き方】生きた線を引こう!

上の二本の線を見てみましょう。 左が生きた線、右が死んだ線です。 違いがわかりますか? 生きた線

記事を読む

no image

丁寧に描く!

上手い人のイラストってすごく丁寧に見えますよね。 線もきれいだし、塗りもきれい。 それでいてきちんと

記事を読む

no image

絵を描くときに意識するべき3つのこと

絵を描くとき何を意識して描いていますか? ○○を意識しろ!とはよく言われますが、それだけ意識って大事

記事を読む

no image

骨格の要、背骨について学ぼう!

頭部と上半身の重みを支える人体の大黒柱である背骨(脊椎) よく骨格を意識しろ、といいますが、それはあ

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。


  • まだデータがありません。

  • ※ブログランキングに参加中です。
    クリックのご協力をお願いします。

    にほんブログ村 イラストブログ 描き方・技法へ