【周辺視】視野を広げて絵を描こう!

公開日: : 萌え絵の基礎

周辺視という言葉を知っていますか?
周辺視とは網膜の周辺部を使って視野を広げ漫然とものを見る方法で、目の使い方の一種です。

例えば、遠くの景色を見るとき、私たちは無意識に周辺視を使っています。
景色の全体を見るために、視野を広げているわけです。

逆に本を読んでいるときは、視野をせばめています。
網膜の中心を使って、一点を凝視している状態です。
これを中心視と呼びます。

この「周辺視」と「中心視」とうまく使いわけて絵を描きます。

特にキャンバスに絵を描くときは周辺視を主に使います。
細かいところを修正するときは中心視を主に使います。

つまり絵を描くときの大部分は、周辺視を使って描くことになります。

ここでは周辺視を身につけるための3つのステップをご紹介します。

 

スポンサーリンク

 

●STEP1 線の終点を見ながら線を引く

主にペン入れのときに使います。
線を引きたいと思っているところの終わりの部分を見ながら一気に線を引きます。
こうすると狙ったところにきれいな線が引ける可能性が高くなります。

終点を見ながら線を引く

 

 

●STEP2 線と線の間の白い空間を見ながら線を引く

絵描きにとって線は大事なものです。

でも見る人にとっては、線と線で囲まれた部分を見て、
何が描かれた絵かを判断しています。

つまり線と線で囲まれた白い空間が大事だということです。
白い空間を見ながら線を引きます。

線で囲まれた空間を見る

 

 

●STEP3 周辺視を維持しながらバランスよく描く

例えば左目がすでに描いてあって右目を描くときは、
左目を視野の中に含めながら右目を描きます。
こうすると左右の目のバランスがとりやすくなります。

両目を見ながら描く

このほか
頭身があうように頭全体を視野の中に含めながら胴体を描く
腕の長さが合うように胴体全体を視野の中に含めながら腕を描く
重心が合うように下半身全体を視野の中に含めながら脚を描く

など、周辺視をうまく使うことによって
全体のバランスが良い絵を描くことができます。

 

 

●最後に

目の前の絵に集中すると無意識のうちに中心視になってしまいます。
そうならないためにも、周辺視で絵を描こうとする強い意識が必要です。

私は絵を描くとき、見える位置に周辺視と書いておきます。
忘れやすいものを忘れないためのちょっとした工夫です。

おそらく絵描きにとって必須の能力だと思われる周辺視。
ぜひあなたも身につけてください。

 

スポンサーリンク

関連記事

no image

丁寧に描く!

上手い人のイラストってすごく丁寧に見えますよね。 線もきれいだし、塗りもきれい。 それでいてきちんと

記事を読む

no image

骨格の要、背骨について学ぼう!

頭部と上半身の重みを支える人体の大黒柱である背骨(脊椎) よく骨格を意識しろ、といいますが、それはあ

記事を読む

no image

重心について考えよう!

イラストの練習をするときは全身を描きなさい、 よく言われていることだと思います。 顔だけ描けて体は

記事を読む

no image

【イラスト・絵】アイレベルについて学ぼう!

アイレベルを知っていますか? アイレベルとは「目線の高さ」のことです。 アイレベルは絵を描く上での

記事を読む

no image

【線の引き方】生きた線を引こう!

上の二本の線を見てみましょう。 左が生きた線、右が死んだ線です。 違いがわかりますか? 生きた線

記事を読む

no image

立体把握について考えよう!

絵を描くときに最も意識するべきもの、それが「立体把握」です。 立体把握ができている上級者は別として

記事を読む

no image

職業別に見る線の引き方

イラストの練習を始めるとまず壁にぶつかること、それは美しい線が引けないことです。 知識を得るために

記事を読む

no image

絵を描くときに意識するべき3つのこと

絵を描くとき何を意識して描いていますか? ○○を意識しろ!とはよく言われますが、それだけ意識って大事

記事を読む

no image

広角のイラストと望遠のイラストの違いについて学ぼう

広角と望遠の意味を知っていますか? 広角レンズや望遠レンズなどカメラ用語として認識している人も多いと

記事を読む

no image

【アタリの描き方】棒人間から描こう!

キャラクターを描くときにはまずラフを描きますが、そのラフを描きやすくするためのアタリとして棒人間を描

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。


  • ※ブログランキングに参加中です。
    クリックのご協力をお願いします。

    にほんブログ村 イラストブログ 描き方・技法へ