【レビュー】乗り物と少女の描き方: 自転車から戦車までの描き方全解説!

公開日: : レビュー記事

乗り物と少女の描き方: 自転車から戦車までの描き方全解説! (コミックス・ドロウイングブック)

かわいい女の子も描きたいけど、かっこいい車やバイクなどの乗り物も描きたい……そんな人ってけっこう多いと思います。

しかし乗り物はけっして描くことが簡単な題材ではありません。
描きたいと思っていても、その難しさから敬遠してる人も多いことでしょう。

『乗り物と少女の描き方』はかわいい女の子もかっこいい乗り物も両方描きたい人のための参考書です。

数々のプロのメイキングを見れば、乗り物を描くためのヒントが何か得られるかもしれません。

 

 

●『乗り物と少女の描き方』レビュー

『乗り物と少女の描き方』表紙

総ページ数144ページ、オールカラーです。

 

『乗り物と少女の描き方』もくじ

Chapter1 自転車と少女の描き方
Chapter2 オートバイと少女の描き方
Chapter3 自動車と少女の描き方 戦車と少女の描き方

の基本3章構成で、「自転車」「オートバイ」「自動車」「戦車」の4種類の乗り物の描き方を紹介しています。

 

松本規之先生のインタビュー

冒頭は『月間コミックグレイド』で連載の『南鎌倉高校女子自転車部』の著者である『松本規之』先生のインタビューです。
漫画の製作秘話や自転車と少女を描く際のポイントなどを読むことができます。

>>『南鎌倉高校女子自転車部』試し読み

 

自転車の描き方

本書の構成はまず最初にその乗り物(自転車なら自転車)の基本的な描き方を紹介しています。
そしてその次は数名のプロによるイラストのメイキングへと続きます。

 

自転車のメイキング1 自転車のメイキング2 自転車のメイキング3

プロのイラストレーターのメイキングはより実践的な内容で、「自転車のかご」「車輪のスポーク」「ギアやチェーン」などの細かいパーツの描き方がわかります。

また一般的な自転車だけでなく、「マウンテンバイク」や「ロードバイク」などのようにメイキングごとに車種を分けているのもポイントです。

 

低頭身キャラと自転車のメイキング

低頭身キャラと自転車のメイキングのページもあります。
自転車もデフォルメしなければならないのでセンスが問われますね。

 

バイクのメイキング1 バイクのメイキング2

こちらはバイクのメイキングのページです。
最初のラフから着色、そして仕上げまでの工程がわかります。

メイキングは「デジタルツールを多用して描いたバイク」と「手書きで描いた味のあるオートバイ」の2種類です。

 

クラシックカーのメイキング 高級外車のメイキング

自動車のメイキングのページです。
メイキングは「クラシックカー」と「高級外車」の2種ですが、女の子の着彩についても多めに触れられています。

 

戦車のメイキング

戦車イラストの第一人者である『EXCEL』氏のメイキングです。
他のメイキングよりも文章が多く、より力が入っています。

 

 

●『乗り物と少女の描き方』の感想

メイキング本にありがちですが、初心者向けに製作の過程をひとつひとつ懇切丁寧に教える本ではありません。
キャラクターや背景が描けて、着色もある程度できる中級者以上が対象になります。

もともと乗り物は工業製品である以上、線や形の歪みが許されません。
乗り物を描くこと自体が初心者にはハードルが高いものと思われます。

しかし初心者でも「乗り物っていったいどうやって描いているんだろう?」という疑問が晴れますし、最初の乗り物のアタリの取り方などは初心者でも取り組めます。
ですので、けっして初心者では全く通用しない本というわけではありません。

 

メイキングを担当しているイラストレーターは皆実力のあるプロのイラストレーターばかりです。
プロの技術が学べるので、心から乗り物を描いてみたい方にとってはこれ以上ない参考書だと思います。

ただタイトルが『乗り物と少女の描き方』となっていますが、そこはどうしても乗り物の描き方に重点が置かれており、少女の描き方は端折りぎみです。
そのため乗り物の描き方と同じくらい少女の描き方を知りたい方は注意が必要です。

また「乗り物と少女をどのように配置すれば見栄えが良くなるか」のような構図的な話は少し触れられる程度です。
特定のページを用意して詳細に説明しているわけではないので、そこを期待すると肩透かしになります。

 

今のところプロによる自転車やオートバイなどの描き方を知ることができる専門の参考書はこの一冊だけです。

今後複数刊行されるかもしれませんが、現時点では代替がありません。
それだけに乗り物が描きたい方にとってはマストアイテムになりうる参考書です。

自転車やバイクが描けると間違いなく周りから一目置かれます。
ぜひこの期に挑戦してみてはいかがでしょうか。

 

 

関連記事

no image

【レビュー】マンガの基礎デッサン 女の子 コスチューム編

女の子の絵を描きたいなら、何といってもコスチューム。 絵描きにとって萌えとは女の子の可愛さとコス

記事を読む

no image

ペンタブ初心者のためのIntuos購入ガイド

デジタルでイラストを始めたい初心者にとって一番気になることといえば、どのペンタブを選べばよい

記事を読む

no image

【レビュー】ヒロマサのお絵描き講座<体の描き方編>

  Pixivで人気のヒロマサ先生の講座の書籍版第二弾が【マンガ】ヒロマサのお絵描き

記事を読む

no image

萌え絵を描くときのシャーペンの選び方

萌え絵はシャーペンで描く、という人は多いと思います。 萌え絵は線画が主体なので、シャーペンのほうが

記事を読む

no image

【レビュー】スーパーマンガデッサン―作画のための考えるデッサン

2005年刊行と古いですが今でも初心者おすすめの良書として挙げられることが多いのが、 この『スー

記事を読む

no image

【レビュー】萌えキャラクターの描き方 顔・からだ編

『萌えキャラクターの描き方』は今ではシリーズ化し何冊か刊行されていますが、 『顔・からだ編』はそ

記事を読む

no image

【レビュー】萌えキャラクターの描き方 コスチューム編

  萌え絵といえばコスチューム!セーラー服やブレザーにメイド服、水着や浴衣に巫女服な

記事を読む

no image

【レビュー】CLIP STUDIO PAINT EX 公式ガイド

Illust StudioとComic Studioが合体し、イラスト&マンガ制作ソフトとして生

記事を読む

no image

【レビュー】アーティストのための美術解剖学

人体構造を学ぶことは絵の上達の近道です。 それは萌え絵も例外ではありません。 今回は人体構造を

記事を読む

no image

【レビュー】手を離してイラスト本が見れるブックスタンドのすすめ

1ヶ月ほど前にアマゾンにてブックスタンドを購入しました。 購入したのは『ELECOM EDH-0

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。


  • ※ブログランキングに参加中です。
    クリックのご協力をお願いします。

    にほんブログ村 イラストブログ 描き方・技法へ