ベクターレイヤーで初心者でも美しいペン入れを

公開日: : デジタルイラスト関連

「美しい色塗りの前には美しいペン入れあり」
イラストの良し悪しの半分は美しいペン入れにあると言っても過言ではありません。

しかしペン入れは多大な集中力と根性が必要な地道な作業です。
美しい綺麗な線がうまく引けず、修正を何度も繰り返し、悪戦苦闘している人も多いと思います。

イラスト制作ソフトCLIP STUDIO PAINT(クリップスタジオペイント)にはベクターレイヤーというペン入れに最適な機能があります。
ベクターレイヤー機能を使えば、イラスト初心者でもプロが描いたような美しいペン入れをすることが可能です。

今回はベクターレイヤー機能の中から特におすすめの使える機能を紹介します。

 

スポンサーリンク

 

●ベクターレイヤーの基本

まずベクターレイヤーを作成するには、
メニューバーの中の「レイヤー」→「新規レイヤー」→「ベクターレイヤー」と進みます。

するとレイヤーパレットの中に新しいレイヤーが現れます。
その新しいレイヤーがベクターレイヤーです。
このベクターレイヤー上で描画すれば、ベクターレイヤーの線になります。

またレイヤーパレットの中にも新規ベクターレイヤーのアイコンがあるので、クリックすれば簡単にベクターレイヤーを作成できます。

新規ベクターレイヤーのアイコン

ベクターレイヤーは通常のレイヤー(ラスターレイヤー)と見た目は全く同じです。
しかし制御点ツールを選択してポインタを近づけると線の中に緑色の複数の点と赤いラインが表示されます。

ベクターレイヤーの特徴

この線の中に表示されたたくさんの点を制御点といい、この制御点の存在こそがベクターレイヤーの最大の特徴です。
そしてこの制御点はツールを使うことで簡単に動かすことができます。

 

 

●制御点をあやつる

制御点の比較

上の二本の線はガタガタな線とスラッとした美しい線を比べたものです。

見てもらえればすぐわかると思いますが、ガタガタな線の制御点は不規則に並んでいて数も無駄に多くなっています。
それに比べ美しい線の制御点は一定間隔で並んでいて、数も多くありません。

先ほど制御点は簡単に動かすことができると述べましたが、どんなガタガタな線でも制御点が均一になるように動かしたり、無駄な制御点を減らしたりすればスラッとした美しい線に変身させることができます。

制御点ツールのツールプロパティには、『制御点の移動』『制御点の削除』という機能があります。

制御点の移動、削除の位置

ためしにベクターレイヤーで線を引いたあと、『制御点の削除』で無駄な制御点を減らし、『制御点の移動』で制御点が一定間隔で並ぶように移動してみましょう。
最初に引いたときよりも線が整い、綺麗で美しい線になるはずです。
制御点で線を整える

 

ちなみに制御点の両端を残し、間の制御点を全て消すとまっすぐな線になります。
入り抜きがありながらまっすぐな線になるので覚えておくと良いでしょう。

 

 

●その他の便利な機能

①ベクター用消しゴム『交点消去』

交点消去の位置

ベクターレイヤー専用の消しゴム『交点消去』を使えば、効率よく余分な線を消すことが可能です。

普通消しゴムは触れた部分だけを消せるものですが、交点消去は線の一箇所に触れただけで線と線の交点までの線を全て消すことができます。

交点消去の例

この交点消去はベクターレイヤーにおける最大の長所です。
髪の毛のような線が密集している場所ほど力を発揮するので、ベクターレイヤーの中で一番お世話になる機能かもしれません。

 

②ベクター線つなぎツール

ベクター線つなぎツール

長い線を引きたくても引けないとき、複数の線を重ねることで1本の線に見せるようなテクニックを使うことがあります。
しかしペン入れの精度が悪いとどうしても重なっている部分の線がズレてしまいます。

そんなときベクター線つなぎツールを使うと、線同士のズレが矯正され、さらに1本の繋がった線にしてくれます。

ベクター線つなぎツール

ペン入れ時のやり直しをする回数が大幅に減るので、かなり重用するツールです。

 

③線幅修正ツール

線幅修正ツール

②のときと同じように何本かの線を重ねると、太い線や細い線など線の幅にバラつきができてしまいます。
そんなとき線幅修正ツールを使うと、線の幅を一律に同じ太さにすることができます。

線幅修正ツール

使い方は線幅修正ツールを選択したあとツールプロパティ内の『一定の太さにする』にチェックを入れ、線幅を指定して該当箇所を塗るだけです。
線幅修正ツール使い方

ただし線幅修正ツールを使う前には必ずベクター線つなぎツールで線同士をつなげてください
また線幅修正ツールを線全体に適用すると、線の入り抜きも消えてしまうので注意してください。

 

 

●最後に

このようにベクターレイヤーの機能を使うことで、初心者でも美しい線を引くことができます。
手間と時間は増えますが、確実に美しいペン入れができるので、たいへん便利な機能といえるでしょう。

ただ忘れてならないのは、便利な機能の恩恵に与り、線を美しく整形すればするほど手書きのアナログ感がなくなっていきます。
そして小奇麗で均整のとれたまさしくデジタルという感じのイラストになります。

結局のところコンピュータというものは規則正しく整えるのは得意ですが、人間の温かみを表現するのは不得意です。
アナログっぽさを残しつつ美しい線を引きたいならば、便利な機能に頼るのはほどほどに、やはり日頃の練習こそが大切なのだと思います。

 

 

スポンサーリンク

関連記事

no image

解像度について学ぼう!

デジタルで絵を描くとき、どのくらいの「解像度」で描いていますか?多くの人はとりあえず高く設定しておけ

記事を読む

no image

【初心者おすすめ】クリップスタジオペイントのペン&ブラシ設定

クリップスタジオペイント(以下CSP)の特徴として、数多くのペンやブラシをカスタムマイズできるこ

記事を読む

no image

クリップスタジオペイントのペンの入り抜き設定を理解しよう!

お絵描きソフトのCLIP STUDIO PAINT(クリップスタジオペイント)はペンやブラシを細

記事を読む

no image

【描けない!】ペンタブの線の引き方のコツ

ペンタブでうまく描けない…… 良くある悩みだと思います。 それもそのはず、ペンタブは紙で描くよりも

記事を読む

no image

ペンタブが描きやすくなるマッピングのすすめ

ペンタブレットを新しく購入した人がまず行うべき設定、それがマッピングです。 デジタル絵を新しく始め

記事を読む

no image

アナログとは違うデジタルイラストの描き方

紙の上に描くアナログイラスト、ペンタブを使いPC上に描くデジタルイラスト。 どちらも描くことは同じ

記事を読む

no image

ペンタブレットのファンクションキーを設定しよう!

パソコンのキーボードにF1~F12のファンクションキーがあるように、WACOMのペンタブレットにもフ

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。


  • ※ブログランキングに参加中です。
    クリックのご協力をお願いします。

    にほんブログ村 イラストブログ 描き方・技法へ