足の指の描き方のコツ

公開日: : 萌え絵の描き方

初心者にとって足を描くことはとても難しいです。
苦手にしている人も多いのではないでしょうか?

特に足の指は手の指ほど見慣れているわけではないので、 しっかり形を認識している人は少ないと思います。

今回は足の描き方の前に、足の指の描き方を身につけることによって足に対する苦手意識を少なくすることを狙います。

 

●親指とその他の指

まずは足の指のかたちをしっかりと頭に叩き込みましょう。
基本的に足の指は親指とその他の指(ひとさし指、中指、薬指、小指)の2種に分けられます。
下の絵はその2種の指を横から見たときの比較になります。

親指を横から見た場合

親指以外を横から見た場合

 

●爪を描き分ける

足の指を描くときの一番の曲者、それは足の爪です。
初心者はついつい足の爪の存在を無視してしまいます。

自分の足の爪をよく観察してみてください。
足の爪のはえぎわのすぐ後ろがすこし盛り上がっているのがわかるはずです。

足の指を描くときはこの爪とすぐ後ろの盛り上がっている場所をしっかり描き分けると指らしい指を描くことができます。

とりあえず下の手順どおりに描いてみましょう。
足の指っぽく見えればOKです。

足の指の描き方の手順

 

●指の腹から描く

先ほど足の指の描く手順を紹介しましたが、実は足の腹の部分から描いたほうが全体のバランスは取りやすくなります。
足の指のかたちをイメージを残したまま、今度は足の腹の部分から描いてみてください。

上の絵でいえば、③あたりから描きます。(親指の場合は②)

最終的には5本の指を描かなくてはなりません。
5本の指をバランス良く描くには、指の付け根から描くよりも指の腹の側から描くほうが調節しやすくなります。

また上の例は斜め上から見た構図です。
別の構図の場合でも指の腹から描くことである程度対処できます。

つまり足の腹から描くといろいろと融通が利きます。
足の指を描くときは指の腹の部分から描くことをおすすめします。

 

●最後に

結局のところ足の指一本描けなければ足全体を描けるわけがありません。
足が苦手な人はまずは足の指一本を描くことから始めてみてはいかがでしょうか。

 

スポンサーリンク

関連記事

no image

肩の構造を理解しよう!

初心者がなにげに苦戦する場所、それは肩です。 肩の構造は実はすごい複雑で、多彩な動きを見せます。

記事を読む

no image

首の構造について理解しよう!

顔のすぐ下にあるパーツの首。 たった2本の線で描けるので簡単といえば簡単です。 でも首は横を向いた

記事を読む

no image

萌え絵の腕の描き方のコツ

初心者ほど簡単だと思われて軽視されやすい場所、それが腕です。円柱のような単純な形だと思われやすいのが

記事を読む

no image

足のアタリの描き方のコツ

萌え絵ではあまり描く機会のない「足」 と言っても全身を描くときは必須の部分になります。 手と同じよ

記事を読む

no image

萌える手を描くための5つのポイント

今年初めからブログを始め、私の絵を描く機会が増えたことで、少しずつ上達しています。 特に手は描けな

記事を読む

no image

鼻を描く位置を考えよう!

萌え絵の鼻は人体の中でも最もデフォルメの効いている場所のひとつ。 一筆ちょんと点を打つだけで簡単に鼻

記事を読む

no image

肩の描き方のコツ

肩は腕を動かすたびに見た目を変化させる非常に間違えやすい部位です。 腕を動かすと肩の筋肉である三角

記事を読む

no image

萌え絵の手指の描き方のコツ

人体の中でも手は最も描くのが難しい部分です。 初心者が一朝一夕で描けるものではありません。 それな

記事を読む

no image

俯瞰とアオリの顔の描き方のコツ

正面や斜めの構図の顔なら描けるけど、俯瞰と構図の顔だと描けないという人は多いと思います。 元々俯瞰

記事を読む

no image

かわいい顔を描きたい!顔の描き方のコツ

萌え絵にとって最も重要な場所、それが『顔』です。描いていて一番楽しい場所でもありますね。 萌え絵の

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。


  • まだデータがありません。

  • ※ブログランキングに参加中です。
    クリックのご協力をお願いします。

    にほんブログ村 イラストブログ 描き方・技法へ