萌え絵の影塗りのコツ(ブラシ設定と運筆について)

公開日: : 萌え絵の塗り方

色塗りって難しいですよね。
元絵と同じように塗ってみても、自分が塗ると酷く汚い塗りになってしまうのは誰しも経験があることだと思います。

そもそもデジタルの塗りはアナログの塗りとは全く異なります。
萌え絵をアナログのときと同じように塗ると、普通に汚くなります。
まずは萌え絵のデジタルの塗り方というものを知らなければなりません。

今回は萌え絵の影はどうやって塗られているかについて、ブラシ設定と筆運びに注目してお伝えします。

 

スポンサーリンク

 

●影塗りの前に

塗りといえば水彩塗りや厚塗り、アニメ塗りなどの種類がありますが、ここでは萌え絵に最も相性が良いと思われるギャルゲ塗りについての説明になります。

またお絵描きソフトに触れたばかりの初心者の方はこの記事を読む前に色塗りのための基礎の基礎を読んでおくことをおすすめします。

色塗りが上手くなるためには、お絵描きソフトのツールについて知ることが肝要です。
特に鉛筆やペンやブラシなどの描くためのツールは、私たち絵描きにとって手足となる最も重要な道具です。

ぜひともマニュアルを読み、ツールにたくさん触れることで理解を深めるように努めましょう。

 

 

●服のシワの影塗り

服にシワができると生地の上に陰影が生まれます。
といっても萌え絵の服のシワの陰影はリアルと違い、多少デフォルメされています。

下の絵は萌え絵でよく見られる服のシワの塗りの一例です。
このシワはいったいどうやって塗られているか見てみましょう。

服のシワの塗りの一例

 

 

1.ブラシで色を置く

まずはブラシでシワの塗りたい場所に色を置きましょう。
ブラシは想定するシワの場所をすっぽりと覆えるくらいの大きさで塗ります。

ブラシは基本丸ブラシを使います。
個人的にはブラシの硬さは低めにしてボケ足を多めにするほうがやりやすいです。

色を置く

 

 

2.消しゴムで削る

先ほど色を置いた部分を消しゴムを使ってシワの形に整えます。

このときペン入れ時のようにさっと素早く消しゴムを動かしてください。
色が消された部分の境界線が綺麗で美しくなります。

消しゴムは最低でも2種類用意します。
ひとつは光と影の境界線をくっきりさせるための消しゴム、もうひとつは光と影の境界線をあいまいにさせるための消しゴムです。

境界線がくっきりのほうの消しゴムは硬さの数値を高めに、境界線があいまいのほうの消しゴムは硬さの数値を低めに設定しましょう。

※硬さの数値を100%にするとくっきりしすぎて、アニメ塗りになってしまいます。
ほんの少し数値を下げてかすかにボケ足を残すようにしましょう。

消しゴムで削る

 

 

3.消しゴムで薄くする

次は削ったシワの先端を消しゴムで薄くします。

2で設定した消しゴムとはまた別の新しい消しゴムを用意します。
不透明度を極端に下げ、また硬さの数値も下げた(ボケ足の多い)消しゴムを用意します。

この消しゴムは何度擦ってもなかなか消えない、超うっすら消しゴムです。
これで色を薄くしたい部分を往復して擦ります。
シワ全体の色が濃すぎるときは全体を擦ると良いでしょう。

消しゴムで薄くする

 

 

4.ぼかしツールでぼかす

ぼかしツールはその名の通りぼかすツールです。
シワの先のほうをぼかしたり、色ムラができている場所を馴染ませたりします。

ぼかしツールは細かい部分の最終調整をするためのツールです。

こつとしては、ぼかしの色伸びの数値はあまり高くしないこと。
またぼかしツールの大きさはなるべくシワの大きさと同じくらいにすると良いでしょう。

ぼかしツールでぼかす

 

以上が服のシワの影塗りの工程です。
たった一ヶ所のシワの塗りでもけっこう工程が多いことがわかると思います。

上の工程はあくまで一番わかりやすいモデルのようなものです。
やり方は自分の好きなように変えてもらってかまいません。

 

 

●体の影塗り

体の影塗りは服のシワの影塗りの方法とほぼ同じです。
ただし服のシワと違い、体の表面はゆるやかな凹凸でできています。
このゆるやかな凹凸を表現するために、ブラシも消しゴムもボケ足の大きいものを使うことが多くなります。

また体の塗りは服のシワよりも影を塗る面積が大きいため、ブラシサイズが巨大になりがちです。
低スペックのパソコンを使っている方は注意してください。

 

1.ブラシで色を置く

基本的には服のシワのときと同じです。
影になっている部分をすっぽり覆うほどのサイズのブラシで色を置きます。

体の影塗りに使うブラシは硬さの数値を下げてボケ足を大きくしてください。

色を置く

 

 

2.消しゴムで削る

消しゴムでいらない部分を消して形を整えます。
消しゴムのサイズはやはり大きめのものにします。

硬さは低めに、ボケ足を大きい消しゴムで削ります。

落ち影など場所によっては影と光の境界線をくっきりさせたい場所もあるかもしれません。
そのときはボケ足の少ない消しゴムを使ってください。

消しゴムで削る

 

 

3.消しゴムで薄くする

濃すぎる影の部分を不透明度も硬さも下げた消しゴムでうっすらと消します。

消しゴムで薄くする

 

 

4.ぼかしツールでぼかす

色ムラになっているところを馴染ませます。

影の広い部分にぼかしをかけることが多いため、何度も擦るのではなく、なるべく少ないストロークでぼかすようにします。
そのためぼかしのサイズや色伸びの数値などを適度に調節する必要があります。

ぼかしツールでぼかす

 

 

●その他注意点

1.レイヤーを分ける

消しゴムを使っていると先ほど塗った影を巻き込んで消してしまうことがよくあります。
この問題を避けるためにもレイヤーを分けて塗ることをおすすめします。

特に「下のレイヤーに転写」する機能はたいへん便利です。
CLIP STUDIO PAINTにもsaiにも標準搭載されています。
ぜひとも使ってみてください。

使えない場合はレイヤーを増やすか、またはすでに塗り終わった部分を避けるように選択範囲を指定してください。

 

2.複数の専用ブラシや消しゴムを作る

デフォルトのブラシや消しゴムだけでは足りません。

「服のシワの影塗り専用ブラシ」「体の影塗り専用ブラシ」
「服のシワ専用の消しゴム」「超うっすら消しゴム」
など複数のブラシや消しゴムを事前に用意しておきましょう。

ブラシや消しゴムなどのツールは複製することができます。
複製したのち、硬さや不透明度などの数値をいじって自分好みの設定にしておきましょう。

 

3.髪の毛の塗りは?

髪の毛の塗りの場合もブラシで色を置いたのちに消しゴムで削る方法が使えますが、初心者にとって非常に難しいです。
正直おすすめはできません。

髪の毛を塗るときは髪の毛を描くとき以上に髪の流れを意識しなければなりません。
満足に髪を描けない人が髪を塗っても失敗するのは目に見えています。

また髪の毛の影はどこよりも光と影の境界線の綺麗さが要求されます。
消しゴムのストロークに多大な気を使わなければならないので難易度がグンと跳ね上がります。

髪の毛の塗りを始めたいのであれば、髪の影の部分をペンで描いて中を塗りつぶす方法のほうが髪の流れを意識しやすいですし、境界線が綺麗になりやすいです。

色を置いて消しゴムで消す方法はある程度髪の塗りに慣れてからが良いと思います。

 

 

●最後に

色塗りを覚えるのは基本模写(もしくはトレス)で練習すると思いますが、その絵描きさんがどうやって影を塗っているかを考えながら影を塗ることになります。

どのサイズのブラシで色を置いているか、どんな筆運びをして消しゴムで削っているか、筆や消しゴムの硬さはどのくらいかなど、ひとつひとつ予想しながら影をつけていきます。

慣れてくれば一目見ただけですぐに理解できるようになるでしょう。

また影は複数の影が重なっているケースがあります。
さらにたくさんの影が繋がってひとつの大きな影になっているケースもあります。
その場合は複数の影をひとつひとつ分けて離して捉えて、それからどう塗られているかを考えます。

なるべく影の塗り方がわかりやすいところから始めます。
経験が増えてくれば前にわからなかったところもわかるようになります。

色塗りは時間がかかりますが、影を塗る練習は立体的にものを捉える練習でもあるので線画にも良い影響を与えます。
線画の練習だけでなく、色塗りの練習も合わせて行うことをおすすめします。

 

 

スポンサーリンク

関連記事

no image

色塗りのための基礎の基礎

多くの絵描きにとって思わず「わけわからん!」と叫んでしまう部分といえば塗りです。 あの影ってどうや

記事を読む

no image

【初心者向け】光と陰影の付き方について学ぼう

自作のアイキャッチ用のイラストを何枚かアップしていますが、 やはり影の付き方が全然なっていないな、と

記事を読む

no image

オーソドックスな萌え絵の目の塗り方

絵描きによって目の塗り方は違います。 とても個性が出るところです。 ですがここではあえて個性を出さ

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。


  • まだデータがありません。

  • ※ブログランキングに参加中です。
    クリックのご協力をお願いします。

    にほんブログ村 イラストブログ 描き方・技法へ