人体を輪切りにして考えよう!

公開日: : 萌え絵の基礎

人体を横からスパッと輪切りにしたとき、その切り口がどう見えるかをイメージすることは、 人体を立体的に捉える上で必要なことです。

でも初心者の方は頭では理解していても、実際自分の絵に適用しようとするといまいちわからないという方は多いのではないでしょうか?

 

スポンサーリンク

 

●人体を輪切りにする

人体を輪切りにするの意味が良くわからない方は、ルーミスの『やさしい人物画』の下のページを参考にしてください。
アイレベルから遠ざかるに従って、脚の断面の面積が増えていくのがわかると思います。

立体の人物模型に遠近感を加える

また、人体パース講座も非常に参考になります。

人体パース講座 by kaori on pixiv

これら基本を踏まえ、人体を輪切りにして考えるわけですが、 手当たり次第人体を輪切りにすれば良いわけではありません。

実はここを輪切りにすると人体を立体的に捉えやすくなるポイントが存在します。
まずはそのポイントを知り、より複雑な立体を把握するための取っ掛かりとしましょう。

 

 

●輪切りポイントを知る

①上半身とウエストの境界線、下半身とウエストの境界線

人体は上半身(胸郭)と下半身(骨盤)の間をとりもつようにウエストがあります。
胸郭と骨盤は動かないので、その間にあるウエストが伸びたり縮んだり、ねじれたりすることによって両者のバランスを取ります。

上半身とウエストの境界線と下半身とウエストの境界線を輪切りにすることによって、 ウエストがどのような状態か知ることができます。

上半身、下半身、ウエスト

 

②フトモモの上部と下部、スネの上部と下部

脚はフトモモの上部と下部、スネの上部と下部を輪切りにして考えてください。
なんとなくフトモモとスネが円柱っぽく見えると思います。
この脚を円柱として捉えることは脚を立体的に描く上で大事なことです。

ついつい脚の付け根とヒザの部分を輪切りにしてしまいそうですが、 脚の付け根とヒザは構造が複雑で、輪切りにするには向いていません。

またこの例では脚ですが、腕でも全く同じことです。
二の腕の上部と下部、前腕の上部と下部を輪切りにして考えてください。

フトモモとスネ

 

③乳房の付け根の上部と下部

おっぱい、特に巨乳が描きやすくなります。
おっぱいの付け根の上部と下部をそれぞれ輪切りにして考えてみましょう。

また①の上半身とウエストの境界線も加えて考えると、上半身を立体的に捉えやすくなります。

おっぱいの上と下

 

④股間部分(骨盤下端)

股間部分は輪切りできませんが、股間と左右の脚の上部(大転子の下付近)を一括りにして強引に輪切りします。

①の下半身とウエストの境界線とセットで考えると、下半身を立体的に捉えやすくなります。

股間部

 

 

●最後に

この人体を輪切りにして考える方法を身につけるには模写かクロッキーがベストです。
実際に人体を輪切りにしたときの切り口をアタリとして描き、人体を立体的に組み立てながら描いていきます。
練習を繰り返せば、次第に立体感覚を掴めるようになるでしょう。

感覚が掴めると、あれだけ難しかったアオリや俯瞰や座りポーズなど、難しい構図のイラストが描けるようになります。
ぜひモノにできるよう頑張ってください。

 

 

スポンサーリンク

関連記事

no image

【線の引き方】生きた線を引こう!

上の二本の線を見てみましょう。 左が生きた線、右が死んだ線です。 違いがわかりますか? 生きた線

記事を読む

no image

骨格の要、背骨について学ぼう!

頭部と上半身の重みを支える人体の大黒柱である背骨(脊椎) よく骨格を意識しろ、といいますが、それはあ

記事を読む

no image

絵を描くときに意識するべき3つのこと

絵を描くとき何を意識して描いていますか? ○○を意識しろ!とはよく言われますが、それだけ意識って大事

記事を読む

no image

【周辺視】視野を広げて絵を描こう!

周辺視という言葉を知っていますか? 周辺視とは網膜の周辺部を使って視野を広げ漫然とものを見る方法で、

記事を読む

no image

線をクリンナップしよう!

絵の練習、ラフで終わりにしていませんか? きちんと線をクリンナップして色を塗る状態までにしていますか

記事を読む

no image

服のシワを練習する前に知るべきこと

服のシワは髪の毛や手とならび最も描くことが難しい部位。 髪専門、手専門、服のシワ専門の参考書が売られ

記事を読む

no image

丁寧に描く!

上手い人のイラストってすごく丁寧に見えますよね。 線もきれいだし、塗りもきれい。 それでいてきちんと

記事を読む

no image

職業別に見る線の引き方

イラストの練習を始めるとまず壁にぶつかること、それは美しい線が引けないことです。 知識を得るために

記事を読む

no image

立体把握について考えよう!

絵を描くときに最も意識するべきもの、それが「立体把握」です。 立体把握ができている上級者は別として

記事を読む

no image

【イラスト・絵】アイレベルについて学ぼう!

アイレベルを知っていますか? アイレベルとは「目線の高さ」のことです。 アイレベルは絵を描く上での

記事を読む

Comment

  1. より:

    とても参考になります!
    ありがとうございます(^^)

Message

メールアドレスが公開されることはありません。


  • ※ブログランキングに参加中です。
    クリックのご協力をお願いします。

    にほんブログ村 イラストブログ 描き方・技法へ