絵を描くためのスキルと練習方法

公開日: : 萌え絵上達法

突然ですが、絵が上手くなるために必要な能力ってひとつではないですよね。
線を引くときは立体を意識して描かなくてはいけないし、色を塗るときは色彩の知識がある程度は必要です。
複合的に様々なスキルを身につけなければなりません。

その絵が上手くなるために必要なスキル、いくつ思いつきますか?
考えられるだけ全て挙げてみましょう。

 

スポンサーリンク

 

●スキルをたくさん挙げてみる

下記は絵が上手くなるために必要なスキルの例です。

キレイに線を引く力
狙ったところに線を引く力
立体的に描写する力
人体構造の理解
色彩のセンス
イメージする力
お絵描きツールやソフトの使い方

などなど……

まだまだたくさんあると思います。
あなたが考えるスキルを紙やメモ帳に書いてみましょう。

 

 

●練習法を挙げてみる

絵を描くためのスキルを考えられるだけ挙げたら、次に進みます。
今度は先ほど挙げたそれぞれの例に最適な練習方法を当てはめてみます。
例えば

キレイに線を引く力 → トレスする
狙ったところに線を引く力 → ボールペンで描く
立体的に描写する力 → デッサン
人体構造の理解 → 書籍を読み模写する
色彩のセンス → 上手い人の絵を見る
イメージする力 → 思い出し模写をする
お絵描きツールやソフトの使い方 → 使い慣れないツールをあえて使ってみる

などなど……

思いつくかぎりの練習法を考えてみましょう。

 

 

●まとめ

絵を描くためのスキルとその練習法を考えることで、今まで漫然としていた頭の中を整理することができます。
あとは、自分の伸ばしたいスキルを意識しながら練習するだけです。
様々な練習法を取り入れて、自分の絵を描く力を底上げしましょう。

 

スポンサーリンク

関連記事

no image

【初心者向け】クロッキーをしよう!

クロッキーとは描く対象をすばやく描写することです。 速写ともいわれ、制限時間内で描くことを要求さ

記事を読む

no image

ニコニコを利用して上達しよう!

動画にコメントをつける機能でユーザーを増やし、今や日本を代表するサイトの一つとなったニコニコ動画。

記事を読む

no image

立体感覚を身につけるための練習法

上手い人「立体を意識して描け!」 初心者「わかりました!次からは立体を意識して描いてみます!」 っ

記事を読む

no image

【イラスト】苦しいが効果の大きい練習法

絵の練習には楽しいものもあれば苦しいものもあります。 楽な練習ばかり選んでいると、そのうちに絵の成長

記事を読む

no image

右脳モードで絵を描こう

数年前に右脳ブームがあったので知っている人も多いと思います。 左脳と右脳はそれぞれ得意分野があり、

記事を読む

no image

メモリーツリーを活用して創造性を刺激しよう

絵を描く行為とはイマジネーション、創造性のある活動です。 自分の頭の中のイメージを絵にする力が必要に

記事を読む

no image

【イラストの基礎練習その2】箱の中に入れて描こう!

もう一つのイラストの基礎練習は『キャラクターを箱の中に入れて描く』練習です。 ルーミスの『やさしい

記事を読む

no image

メイキングを活用しよう!

イラスト完成までの製作過程がわかるメイキング。 メイキングを見ればどのようにイラストを完成させればよ

記事を読む

no image

絵の上達のためのイラスト参考書活用術

あなたはイラストの参考書、もしくはイラスト教本を持っていますか? おそらく最低でも一冊は持っているか

記事を読む

no image

狙ったところに一回で線が引けるようになる方法

絵の上手い人は一回ささっと線を引くだけでものの形を取ることができます。 初心者なら誰しも一度は憧れま

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。


  • ※ブログランキングに参加中です。
    クリックのご協力をお願いします。

    にほんブログ村 イラストブログ 描き方・技法へ