色塗りのための基礎の基礎

公開日: : 萌え絵の塗り方

多くの絵描きにとって思わず「わけわからん!」と叫んでしまう部分といえば塗りです。

あの影ってどうやって塗られているの?
そもそも何の筆を使ってるの?

上手い人の絵を観察しても謎・謎・謎で、頭の中は???でいっぱいです。
あまりにわからないので苦手意識から避けてしまうこともあるでしょう。

事実私も塗りがわからない人の一人です。

悪戦苦闘してなかなか綺麗には塗れません。

ただ、いろいろなサイトの講座を見て回った結果、色の塗り方にはだいたい共通したものがあることに気づきました。
今回はその気づいたことをお伝えします。

 

スポンサーリンク

 

●使う筆は主に5本

色塗りをするときに使う筆(ブラシ)は大きく分けるとこの5つです。

1.鉛筆
2.ボケ足のない、硬いブラシ
3.ボケ足のある、柔らかいブラシ
4.ざっくりと消す、硬い消しゴム
5.うっすらと消す、やわらかい消しゴム

消しゴムはブラシなのか?と疑問がでますが、
デジタルでは消しゴムは透明な色を塗るブラシみたいなものです。
ブラシの一種として考えてください。

ボケ足とは下の絵の違いでわかると思います。
境界線がボケて放射状にグラデーションがかかるのがボケ足です。

ボケ足比較

プロはもちろん色々な筆を使いますが、初心者ならばまずはこの5本の筆の設定から始めるのが良いと思います。

 

 

●いろいろな色の塗り方

色の塗り方は様々です。
塗る箇所によって使い分けをしましょう。

塗り方その1
デジタルの筆はリアルの筆と違い、先が尖がっていません。
細かいスキマを塗りたいなら、塗りたい箇所を覆ったあと、硬い消しゴムで削ります。

塗りの例その1

塗り方その2
影ができる場所をあらかじめ鉛筆で外郭線を引いておき、塗りつぶします。
塗りつぶしたらうっすら消しのやわからい消しゴムで、ボカしたい場所をボカします。

塗りの例その2

塗り方その3
とても大きなボケ足のあるブラシで塗ったあと、やや硬い消しゴムややわらかい消しゴムで削り取ります。

塗りの例その3

塗り方その4
選択範囲を指定しておくと、選択範囲内だけ塗ることができます。
パスツールで曲線を描き、その後自動選択ツールを使うと、キレイかつ簡単に選択範囲ができます。
(クリックで拡大)

パスツール、自動選択ツール

 

 

●塗る場所ごとの傾向

女の子のからだのパーツごとに塗り方が変わるようです。
大まかな傾向を挙げておきます。

●肌
女性の肌は柔らかいので、ボケ足の大きいブラシで塗ったあと、やわらかい消しゴムでグラデーションにします。
ただし、綺麗なグラデーションにするためにはPhotoshopが必要なようです。

●髪
影がくっきりしている髪の毛は、影の部分を鉛筆で描き塗りつぶします。
少しだけボカしたい箇所はやわらかい消しゴムでうっすらと消します。
上の塗り方その2とほぼ同じです。

●服のしわ
はっきりとした影が出やすいですが、くっきりしているところととボケているところが混在しています。
色を置いたあと、くっきりしているところはやや硬い消しゴムで削り、ボケているところはやわらかい消しゴムで削ります。
上の塗りの例その3とほぼ同じです。

 

 

●デジタルツールを利用する

デジタルには色を塗るための便利な機能があります。

●塗りつぶしツール
影を塗るまえに全体を塗りつぶすときに使います。
塗りつぶすとき、1px~3pxほど領域を拡張しておくと綺麗に塗れます。
仮に塗り残しが出たら自力で丁寧に塗りましょう。

創作活動応援サイトCLIP 塗りつぶしツールを使いこなす
https://www.clip-studio.com/clip_site/howto/library/page/view/illuststudio_tora_tool_029

●下のレイヤーでクリッピング
すぐ下にあるレイヤーに対してクリッピングすると、その下のレイヤーの塗った箇所からはみださない機能です。

IllustStudio ユーザーガイド 下のレイヤーでクリッピング
http://manual.illuststudio.net/userguide/IllustStudio_User_Guide/090_menu_layer/layer_clipping_layer.htm

●下のレイヤーに転写
ボタンを押すと、すぐ下にあるレイヤーに描いた絵が転写されます。

影を塗るときはひと塗り筆を入れるたびに別のレイヤーで塗るようにします。
なぜなら消しゴムを使うとき、すでに上手く塗れた箇所まで巻き込んで消してしまうからです。

といってもワンストローク入れるたびにレイヤーを分けるとレイヤー数が増えてしまうので、 上手く塗れたらこの転写機能を使って下のレイヤーに写します。

転写機能がないソフトの場合、新しいレイヤーで描き、下のレイヤーに結合、また新しいレイヤーを作る、を繰り返してください。

●●SAI講座●● 転写と結合(てんしゃとけつごう)
http://xxxcrescentxxx.sakura.ne.jp/how_to/layer/_1_layer_2_ketsugou.html

 

 

●塗りを覚えたいならツールを覚える

色を塗るためにはツールの使い方を覚えるのが近道です。
まずは上の例の5種のブラシ設定をしましょう。
使うたびに自分にあった設定が見つかると思います。

私たちにとっての道具とはお絵描きソフトのことです。
道具を知り尽くす大工職人のように、ソフトの使い方を知ることが大切です。

何度も使い込むことによって道具が自分の手足になる。
そうなれるよう頑張りたいですね。

 

 

スポンサーリンク

関連記事

no image

オーソドックスな萌え絵の目の塗り方

絵描きによって目の塗り方は違います。 とても個性が出るところです。 ですがここではあえて個性を出さ

記事を読む

no image

萌え絵の影塗りのコツ(ブラシ設定と運筆について)

色塗りって難しいですよね。元絵と同じように塗ってみても、自分が塗ると酷く汚い塗りになってしまうのは誰

記事を読む

no image

【初心者向け】光と陰影の付き方について学ぼう

自作のアイキャッチ用のイラストを何枚かアップしていますが、 やはり影の付き方が全然なっていないな、と

記事を読む

Comment

  1. れる より:

    めっちゃ分かりやすかったです!
    こんな便利なページがあったなんて!!!

  2. YOUTON より:

    びっくりマークたくさんでありがとうございます^^

  3. ラ フォレ ド ラ フェ より:

    陰影の捉え方という意味での付け方の解説じゃなく、どうツールを使うかの解説にやっと辿りつきました。しかも分かりやすかったです。感謝感謝!あなたはいい人です!WW^^

  4. YOUTON より:

    どう塗るかよりも、どのツールを使うかを考えたほうが早く正解にたどり着くケースは多いです。
    あとはトライアンドエラーを繰り返すだけですね。

  5. さおり より:

    何か色塗り
    ノオツ分かるましたあ。
    これからもくわしくおしえてくdさあい。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。


  • ※ブログランキングに参加中です。
    クリックのご協力をお願いします。

    にほんブログ村 イラストブログ 描き方・技法へ