絵に関する初心者が陥るよくある勘違い

2013/07/31 | 萌え絵上達法

絵を始めたばかりの初心者の頃は右も左もわかりません。
そんなとき友人に描き方を聞いたり、ネットで調べたりして情報を集めると思います。

でもそのアドバイスが言葉足らずだったり、誤解を生む表現だったりして、 間違って解釈してしまうことは結構あるのではないでしょうか?

また自分の中で絵はこういうものだと勝手に決めつけてしまうこともあります。
それがのちのち思い込みとなって絵の成長を阻害します。

できれば誤解や勘違いは早めに気づくことが望ましいです。

今回は私の経験から、絵を始めたばかりの初心者が陥りやすい勘違いについて考えてみました。
参考になれば幸いです。

この記事の続きを読む

【レビュー】マンガの基礎デッサン 女の子 コスチューム編

2013/07/25 | レビュー記事

マンガの基礎デッサン 女のコ コスチューム編

女の子の絵を描きたいなら、何といってもコスチューム。
絵描きにとって萌えとは女の子の可愛さとコスチュームの可愛さのセットで表現するものといえるでしょう。

マンガの基礎デッサン 女のコ コスチューム編』は初心者向けに女の子のコスチュームの描き方を教えてくれる参考書です。

その中には多くの人が苦手とする、服のシワの描き方も含まれています。
シワの描き方を中心にこの参考書の中身を見てみましょう。

この記事の続きを読む

【レビュー】マンガの基礎デッサン 女の子キャラ編

2013/07/21 | レビュー記事

マンガの基礎デッサン 女のコキャラ編

 

マンガの基礎デッサン 女のコキャラ編』はマンガの基礎デッサンシリーズの最初の一冊目になります。

シリーズ一冊目ということで、女の子の体を描くための基礎について教えてくれます。
それでは本書の中身を見てみましょう。

この記事の続きを読む

服のシワを練習する前に知るべきこと

2013/07/17 | 萌え絵の基礎

服のシワは髪の毛や手とならび最も描くことが難しい部位。
髪専門、手専門、服のシワ専門の参考書が売られるくらい、本当に初心者にとって頭を悩ませる部分です。

実は初心者がなかなか服のシワを覚えられないのには明確な理由があります。
それはとあるトラップがあるからです。

そしてそのトラップに気づくことができてやっと、シワを描くための第一歩を歩むことができるのです。

この記事の続きを読む

【体力=集中力?】体力をつけて長時間描くことに集中しよう!

絵描きの人は一般の人と比べても体力が無いイメージがあります。

パソコンの普及によりペイントソフトとペンタブがあれば絵が描けますし、 わからないことがあればネットで簡単に調べることができます。

家から一歩も出なくても絵が描ける環境がすでに整っています。
図書館に行ったり、モチーフを探しに外出したり、絵を描く仲間を作ったりする必要はありません。

それだけに絵描きは一般の人と比べても体を動かすケースが少ないように思います。

体を動かさない、運動しないということは体力がなくなるということ。
そして体力が無くなると集中力もなくなると言われています。

絵描きにとって集中力がなくなることは死活問題です。

絵を描くことは何といっても時間がかかります。
長時間ずっと集中して描きつづけることができない絵描きはいつまでたっても作品を完成できません。

この記事の続きを読む

足の指の描き方のコツ

2013/07/10 | 萌え絵の描き方

初心者にとって足を描くことはとても難しいです。
苦手にしている人も多いのではないでしょうか?

特に足の指は手の指ほど見慣れているわけではないので、 しっかり形を認識している人は少ないと思います。

今回は足の描き方の前に、足の指の描き方を身につけることによって足に対する苦手意識を少なくすることを狙います。

この記事の続きを読む

【レビュー】Let’s Make ★ Character CGイラストテクニック vol.3

2013/07/07 | レビュー記事

Let\\\'s Make ★ Character CGイラストテクニック vol.3

一人のイラストレーターにスポットを当てそのメイキングを紹介するCGイラストテクニックシリーズ。
現在何冊か刊行されていますが、その中の一冊『Let’s Make ★ CharacterCG イラストテクニック vol.3』を紹介します。

担当イラストレーターは初音ミクの代表曲の1つ『ワールドイズマイン』のイラストやアニメ『ギルティクラウン』のキャラクター原案で有名なredjuice氏です。
イラストレーターの中でもかなりネットの露出が多い人なので、知っている人も多いと思います。

人間離れした細身のスタイルと切れ長の瞳のキャラクター、そして近未来的かつ退廃的な世界観のイラストは、まさしく今の時代のイラストレーターという印象です。
そんな氏のイラストテクニックを知ることができる本書はかなり貴重なのではないでしょうか?

この記事の続きを読む

萌えにおける緊張と弛緩の表現

2013/07/04 | その他

「ギャップ萌え」という言葉があります。
一見不良のように見えるキャラが実はすごい怖がりだったり、優しい部分を見せたりすると、そのギャップから萌えてしまうアレです。
しかもそのギャップが大きければ大きいほどそのキャラクターを魅力的に感じたりします。

このギャップ萌えですがよくよく考えてみると、これって緊張と弛緩の落差を表現しているのでは?と思いました。

ここでいう緊張とは「気が張り詰めていて、筋肉に力が入っていること」
また弛緩とは「気が緩んでいて、筋肉の力が抜けていること」です。
一般に言われる緊張とは少し意味合いが違うことに注意です。

緊張の表現と弛緩の表現、これら相反する二つの表現を上手く組み合わせることによって、より魅力的で多くの人を虜にするような絵やキャラクターを生み出せるのではないでしょうか?

この記事の続きを読む


  • まだデータがありません。

  • ※ブログランキングに参加中です。
    クリックのご協力をお願いします。

    にほんブログ村 イラストブログ 描き方・技法へ