【イラスト基礎練習その1】グリッドを使って模写しよう!

2014/10/01 | 萌え絵上達法

グリッドを使った模写は、絵を始めたばかりの初心者のための練習法だと思っていませんか?

たしかにグリッドで仕分けられたマス目に沿って描けば、誰でも簡単に模写することができます。

しかしグリッド模写はある程度絵が上手くなっても行うべき練習法です。

何故ならグリッド模写は画力の向上に密接に関わっているからです。

この記事の続きを読む

萌え絵を描くときのシャーペンの選び方

2014/09/19 | レビュー記事

萌え絵はシャーペンで描く、という人は多いと思います。

萌え絵は線画が主体なので、シャーペンのほうが相性が良いのかもしれません。

ここでは萌え絵を始めたばかりの初心者のために、萌え絵の描くときのシャーペンは何が良いのかの私の考えをお伝えします。

ぜひ参考にしてみてください。

この記事の続きを読む

アナログとは違うデジタルイラストの描き方

紙の上に描くアナログイラスト、ペンタブを使いPC上に描くデジタルイラスト。

どちらも描くことは同じですが、その描画スタイルの違いにより、アナログにはアナログの、デジタルならデジタルの描き方があるように思えます。

個人的に思うデジタル特有の描き方は2つ。

これが絶対というわけではありませんが、強い傾向だと思いますのでご紹介します。

この記事の続きを読む

クリップスタジオペイントのペンの入り抜き設定を理解しよう!

お絵描きソフトのCLIP STUDIO PAINT(クリップスタジオペイント)はペンやブラシを細かい部分までカスタマイズできるのが魅力です。

ですがその分、設定方法が複雑で初心者にはわかりづらい面があります。

特に「ペンの入り抜き設定」は重要な項目なのにもかかわらず、設定の仕方が非常にわかりづらい。

実はつい最近まで理解できていなかったのですが、やっとのことでペンの入り抜き設定の方法が理解できたので紹介いたします。

この記事の続きを読む

顔から描かない

2014/08/25 | 萌え絵上達法

キャラクターを描くとき、いつも顔(頭部)から描いていませんか?

女の子の顔を描くのは楽しいです。
萌え絵を描く楽しさを知るには、顔を描くことが一番です。

しかし、毎回当たり前のように顔から描いていると、いつの間にかその描き方しかしないようになっています。

萌え絵を描くには、必ずしも顔から描かなくてはならないわけではありません。
まずは顔から描くことのデメリットについて知りましょう。

この記事の続きを読む

萌え絵の手指の描き方のコツ

2014/08/19 | 萌え絵の描き方

人体の中でも手は最も描くのが難しい部分です。
初心者が一朝一夕で描けるものではありません。

それなら、いきなり手の全部を描こうとするのではなく、まずは指から始めてみてはいかがでしょうか?

指が描ければ、手の半分を攻略したも同然です。
指の苦手意識がなくなるだけで、手の苦手意識も少なくなります。

この記事の続きを読む

【レビュー】ヒロマサのお絵かき講座<顔の描き方編>

2014/08/08 | レビュー記事

【マンガ】 ヒロマサのお絵かき講座<顔の描き方編> (廣済堂マンガ工房)

 

初心者にとって最初に描きたいところといえば「顔」
しかし顔を描くことはけっこう難しく、なかなかうまく描けないものです。

『【マンガ】 ヒロマサのお絵描き講座<顔の描き方編>』はキャラクターの顔の描き方をマンガ形式で学べる参考書です。

マンガを読みながら理解できるので、初心者でも取り組みやすいです。

pixivの講座人気を受けて書籍化です。
pixivの講座をまだ見てない方は一度見てみることをおすすめします。

この記事の続きを読む

解像度について学ぼう!

デジタルで絵を描くとき、どのくらいの「解像度」で描いていますか?
多くの人はとりあえず高く設定しておけば問題ないという認識だと思います。

練習で描くならそれで充分ですが、「紙に印刷するとき」「ネットにアップロードするとき」などの「イラストを他人に見せるとき」には解像度の設定はけっこう大事だったりします。

いずれ上手くなれば多くの人に自分の作品を見てもらうことになります。
後回しにせず、今からでも解像度について学んでおきましょう。

この記事の続きを読む


  • ※ブログランキングに参加中です。
    クリックのご協力をお願いします。

    にほんブログ村 イラストブログ 描き方・技法へ