【描けない!】ペンタブの線の引き方のコツ

公開日: : デジタルイラスト関連

ペンタブでうまく描けない……
良くある悩みだと思います。

それもそのはず、ペンタブは紙で描くよりもペンを速く動かさなければなりませんし、ペンタブの少しのズレが画面上では大きなズレになったりしますからね。

私もペンタブに関してはかなり悪戦苦闘しましたが、今ペンタブに慣れてみると色々と考えることがあります。

それはやはりペンタブは紙で描くこととは違うということ。
そしてペンタブにはペンタブなりの線の引き方があるということです。

 

スポンサーリンク

 

●ポインタを狙った位置に合わせよう

ペンタブで線を引くときにまず意識するべきことは、ポインタをしっかり狙った位置に合わせることです。
モニタを見ながら描く以上、基本的にポインタを頼りに線を引いていきます。

描き出しの最初の一番肝心なところなので、ペンタブに慣れないうちはポインタを集中して見るようにしましょう。
ポインタがズレているとその後もすべてズレることになります。

ポインタは線が太いほうが合わせやすく、線が細くなるほど合わせづらくなります。
ポインタ合わせは最初は太い線から始め、次第に細くしていくと良いでしょう。

お絵描きソフトには何種類かのポインタの形状が用意されていますが、自分が最も合わせやすいものを選びましょう。

個人的にはペンや鉛筆を模したイラスト型のポインタは避けたほうが良いと思います。
私は鉛筆もペンもブラシもすべて丸型のポインタ(ブラシサイズ)を使っています。

 

 

●入りの練習をしよう

美しい綺麗な線といえば入りと抜きがある線です。
ただ抜きを作ることはそれほど難しくないので、入りを中心に練習します。

綺麗な入りを作るためには、「どう入るか」が重要なポイントです。

ほとんどの人は綺麗な入りを作るために、腕を動かしながらナナメにペンを入れていく方法を思い浮かべると思います。
例えるならば飛行機の着陸のようにペンを動かすわけです。

しかしこの方法だとポインタで描き出しに照準を合わせることができません。
また予備動作も大きいのでブレやすくなります。

ペンタブは紙で描くよりも座標の合わせがシビアです。
ペンタブだとちょっとのズレが画面上では大きなズレに変わります。

ここはやはりナナメにペンを入れるのではなく、真上からペンを入れることが望ましいです。
(真上はあくまで感覚的なものです。絶対に真上から入れるわけではありません)

真上からペンを入れればポインタでしっかり狙いを定めることができます。
またペンを下に降ろすだけなので予備動作も少ないです。

このように真上からであれば、ナナメから入れるよりもはるかにブレずに描き出すことが可能です。

真横から見たペンの動きの軌跡

 

問題は真上からペンを入れて綺麗な入りが作れるのか?ということになります。

当然ながら真上からペンを入れても静止していれば入りは作れません。
ペン先をペンタブに押し付けすぎても入りは作れません。

綺麗な入りを作るためには、ペン先がペンタブの描画面に触れた瞬間にペンを動かします。

ペンが描画面に触れるのをわずかにも察知した瞬間にペンを動かします。
そのためペン先には敏感になっておく必要があります。

何度か練習してみれば、この方法でも綺麗に入りができることがわかると思います。
狙いも絞れて綺麗な入りもできるのでペンタブではこの入り方がベストだと私は思います。

真上から入って線を引いた例

 

抜きに関してはあまり言うことはありませんが、抜くときのスピードには注意を払う必要があります。

早すぎると抜きのできる距離が長すぎたり、遅すぎると抜きのできる距離が短かすぎたりします。
抜きの長さの距離が最も適度になる、丁度良いスピードを見つけ出してください。

 

 

●上手い人の線画をトレスしよう

手軽にペン入れの練習ができる方法といえばトレスです。
上手い人の線画のイラストを探し、トレスしてみましょう。

上手い人の線をつぶさに観察し、どこからペンを入れ、どこでペンを離しているか把握します。
また、どこの線を太くし、どこの線を細くしているかも把握します。

何度かトレスを繰り返せば、すべての線が入りと抜きのある線で描かれているわけではないことがわかると思います。
入り抜きを使うべきところと、使わないところ、ここも注目するポイントです。

 

 

●その他のペンタブで描くときのポイント

①解像度を上げる

ペンタブで線画を描くときは、解像度を上げて描いてください。
解像度が低いと線の入り抜きが綺麗に出ないことがあります。

基本的にはA4サイズの350dpiあれば充分かと思います。

 

②手ブレ補正機能を使う

手ブレ補正機能は初心者でも美しい線が引けるたいへん有難い機能です。

この機能の特徴としては、数値の上げ下げによってペンを動かすスピードを変える必要があることです。

例えば数値が0のときはペンを素早く、数値が100のときはペンをゆっくりと動かすことで美しい線が引けます。

もし仮に数値0でペンをゆっくり動かせば線はガタガタになりますし、数値100でペンを素早く動かせば入り抜きが無駄に長いバランスの悪い線になります。

手ブレ補正機能100の線

このように手ブレ補正機能の数値と描くスピードには相関関係があり、言い換えれば自分の描くスピードに最も適した数値があるということになります。

ぜひ様々な数値を試し、美しい線を引くのが楽で、さらに入り抜きの長さが適度になるベストな数値を探してみてください。

 

③紙を貼り付ける

ペンタブの描画面のツルツルが気になる場合は、ペンタブの上に紙を貼り付けると多少ツルツルが改善します。

紙はコピー用紙で充分です。
他にも試してみたい場合は、ケント紙、カッティングマット、ラミネートフィルムなどが候補になります。

ただしペンタブの芯の減りは早くなります。
また通常のペンタブの使い方ではありませんので、試すときは自己責任でお願いします。

 

 

●最後に

今回紹介したこの方法はペンタブでのペン入れ時での線の引き方です。
えんぴつやGペンなどのアナログ時、もしくはラフの線の引き方ではないことに注意してください。

またアニメーターなど職業によって求められる線の引き方が変わります。
今回紹介した線の引き方が正解かはわかりません。
なりたい職業がある場合は、その職業の線の引き方についてよく知ることが重要です。

 

可愛い女の子を描くカギはいかに美しい曲線を描けるかだと私は思っています。
ラフのときにいかに可愛く描けても、クリンナップで線がガタガタだと魅力は半減してしまいます。

ペンタブでのペン入れはなかなか骨の折れる作業ですが、
ポインタをしっかり合わせる
真上からペンを入れて、描画面に触れた瞬間ペンを動かす
を実践していただければ多少楽になるかと思います。

ぜひ一度試してみていただければと思います。

 

 

スポンサーリンク

関連記事

no image

アナログとは違うデジタルイラストの描き方

紙の上に描くアナログイラスト、ペンタブを使いPC上に描くデジタルイラスト。 どちらも描くことは同じ

記事を読む

no image

ペンタブが描きやすくなるマッピングのすすめ

ペンタブレットを新しく購入した人がまず行うべき設定、それがマッピングです。 デジタル絵を新しく始め

記事を読む

no image

ベクターレイヤーで初心者でも美しいペン入れを

「美しい色塗りの前には美しいペン入れあり」 イラストの良し悪しの半分は美しいペン入れにあると言っても

記事を読む

no image

解像度について学ぼう!

デジタルで絵を描くとき、どのくらいの「解像度」で描いていますか?多くの人はとりあえず高く設定しておけ

記事を読む

no image

クリップスタジオペイントのペンの入り抜き設定を理解しよう!

お絵描きソフトのCLIP STUDIO PAINT(クリップスタジオペイント)はペンやブラシを細

記事を読む

no image

【初心者おすすめ】クリップスタジオペイントのペン&ブラシ設定

クリップスタジオペイント(以下CSP)の特徴として、数多くのペンやブラシをカスタムマイズできるこ

記事を読む

no image

ペンタブレットのファンクションキーを設定しよう!

パソコンのキーボードにF1~F12のファンクションキーがあるように、WACOMのペンタブレットにもフ

記事を読む

Comment

  1. 匿名 より:

    標準じゃなくて照準でしょw

  2. YOUTON より:

    ご指摘ありがとうございます。
    修正しました。

  3. 浜口サタロ より:

    UKの画家 Anthony Greenにうちのめされました。
    ネットで彼の作品を300点ほど収集して半年近く、毎日 鑑賞してます。
    高じて手持ちのイラス、フォトショで模写してますがうまくなりません。
    定年までプラント技術者でCadや3DCadは30年近く使いこなしてました。
    ペンタブでのデジタル作図の上達法はありませんか。

  4. YOUTON より:

    イラレやフォトショで模写するのはクセが強く扱いが難しいと思われます。
    個人的には線画を描くのが比較的楽なソフト、SAIやCLIP STUDIO PAINTなどを使用してみてはいかがでしょうか?
    体験版もありますので、使用感がわかると思います。

    あまり参考にならないかもしれませんが、このくらいしか私としてはアドバイスができません。
    申し訳ありません。

  5. 浜口サタロ より:

    貴重なアドバイス、有難うございます。
    SAI,ClipStudioPaintを早速DLして試してみます。

  6. 浜口サタロ より:

    YOUTON 様
    SAI,ClipStudioPaintを試してみましたが、freeのMedibangPaintを発見し、これで毎日練習してます。でも腕はそうそう上達しませんね。
    Cadや3Dcadは導入後すぐに仕事ができるように成ってたと記憶してます。何千万も会社が投資してくれたとの思いもあったと思います。地道に勉強します。
    Andoroid系をスマホやtabletに入れて、練習できるのもグッドですね。

  7. YOUTON より:

    スマホやタブレットで場所を選ばず描けるのは大きなメリットですね。
    ご自身に合ったソフトが見つかって何よりです。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。


  • ※ブログランキングに参加中です。
    クリックのご協力をお願いします。

    にほんブログ村 イラストブログ 描き方・技法へ