頭の中で絵を描いてみよう!

公開日: : イメージの方法

絵の練習といえば手を動かして描くことが普通ですが、1日を通して描ける時間は限られています。
ほとんどの人は学校やら仕事やらで忙しいですからね。

そのほか通勤・通学の移動時間や友人と遊んだりする時間を除くと、自分だけの時間はさらに少なくなります。

できれば電車やバスなどの移動時間くらいは、絵の上達のための何かをしたいところです。

今回は公共の場所でも迷惑をかけずに行える練習法、「頭の中で描く」をお伝えします。

 

スポンサーリンク

 

●頭の中で描くとは?

頭の中で描くことって、ようはイメージで描くってことでしょ!と思われるかもしれません。

ただネット上で言われているイメ描きは、絵を描く前に完成絵をイメージしてから紙に描くというニュアンスが強いように思います。
つまり最初から頭の中で絵が出来上がっているわけです。

今回伝える頭の中で描くとはそういうことではなく、あくまで頭の中で空想のペンを使って空想の線を引いて絵を描くということです。

イメージがすでに出来上がっているか、これからイメージを膨らましていくかでやり方が違うわけですね。

 

 

●頭の中で描くことにチャレンジ

では頭の中で描くことに挑戦してみましょう。
まずは簡単なものから、人差し指を描いてみます。

頭の中で描く前に自分の人差し指を観察しておいてください。

指全体をいきなりイメージするのではなく、指の形になるように線を引いていきます。
目は開けた状態で行ってください。

まずは目の前にキャンバスがあると想像します。
空間視(何もない空間に焦点をあわせること)ができるとなお良しです。

そのキャンバス上に一本だけ線を引きます。

次にまた線を引くわけですが、そのときについ先ほど引いた線を忘れないようにします。

新たに線を加えるたび、すでに描いた線のイメージは維持しておいてください。

最後まで描き終えたら人指し指の絵の完成です!
といいたいところですが、その完成した人差し指は歪んでいませんか?

歪んでいたら頭の中で形を整えてくださいね。

 

正直人差し指を頭の中で描くだけでもしんどいと思います。
ここからさらに4本の指を加えて手の形まで描ききれれば、本当にすごいことです。

でも普段からこのようなイメージ訓練をしていると、いざ紙を前にしたときもイメージしやすくなります。

実際に先ほど頭の中で描いた人差し指なら、簡単に紙の上でも描けそうな気がしませんか?

はっきり頭の中で描けた人ほど、自信を持って描くことができるでしょう。

 

 

●最後に

先ほども述べましたが、頭の中で描くこの方法は時と場所を選ばずに行うことができます。

家の中では普通に絵の練習をして、電車の中などでは頭の中で描く練習をすれば適材適所で良いのではないでしょうか。

ただし頭の中で描くことに問題点があるとすれば、それはとても頭が疲れることです。
適度に休憩をはさみつつ行ってください。

間違っても人生の行方を決める受験の前とか重要なプレゼンの前には行わないでくださいね。

 

 

スポンサーリンク

関連記事

no image

自然なポーズをイメージして描こう!

萌え絵を志す以上、女の子は可愛く描きたいですよね。 可愛いコスチュームを纏った美少女が可愛いポーズを

記事を読む

no image

萌える女の子について考えよう!

イラストの練習を始めると、はやく上手くなりたい、はやく上達したい、ということに焦点があたりがちです。

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。


  • ※ブログランキングに参加中です。
    クリックのご協力をお願いします。

    にほんブログ村 イラストブログ 描き方・技法へ