お尻の描き方のコツ

公開日: : 萌え絵の描き方

萌え絵師の絶対必須科目といえるのがお尻です。
にもかかわらず、意外にもお尻の描き方の講座は少ないように思えます。

同時にお尻の構造に関する情報も少ないです。
難しい構図になると結構描けないのがお尻だと思います。

今回はお尻を描くときのポイントと、比較的バランス良くお尻を描けるアタリの取り方について紹介します。

 

スポンサーリンク

 

●骨盤の重要なポイント

バランスの良いお尻を描くためには、まずは骨盤から入ります。
まずは下のイラストを見てください。

上後腸骨稜(PSIS)の位置

上のイラストの左側は骨盤を後ろから見たものです。
そして二つの赤いポイント、これがお尻を描くときの要所になります。

この赤いポイントを上後腸骨稜(PSIS)といいます。

右側のイラストを見ればわかりますが、位置的に言うとお尻の分け目の上端にあたります。

お尻を描き始めるときはまずこのPSISを探してください。
そしてこのPSISを基準にしてお尻を描きこんでいきます。

PSISが構図的に見えないときは、なんとなくここらへんだろうと頭の中でイメージしておきましょう。

 

 

●アタリはカタカナの「エ」で

カタカナの「エ」、もしくは漢字の「工」でもいいですが、 お尻を描く前に、横線2本と縦線1本をアタリとして描いておくとお尻のバランスが取りやすくなります。

上の横線は2つのPSISを結んだ線、もしくはお尻の上端付近に描きます。
下の横線は股間とお尻の境目付近、もしくはお尻の下端付近に描きます。。
縦線はPSISの中間地点と股間とお尻の境目付近を結びます。

PSISや股間が見えない構図のときは、お尻の上端や下端を基準にしてください。

曲線のお尻に直線のアタリを描くのは、奇妙に感じるかもしれません。
ある程度慣れが必要ですが、せめて「エ」でなくても「二」くらいのアタリは取っておくことをおすすめします。

エのアタリ

 

 

●お尻のラインを細分化

お尻のシワなど、お尻のラインを細分化すると下のようになります。

ヒップライン

【ヒップ】下半身の描き方のコツと見比べてみましょう。 少しだけ下半身を立体的に捉えられるような気がしてきます。

 

 

●お尻を描くときの注意点

お尻を描くときに一番難しいのは何といってもお尻と脚の間にできるシワです。
この足のシワですが、脚の位置関係によってシワの形が大きく変化します。

特に脚を前に出すとシワは次第に消えていき、お尻とふともも部分の境界線が曖昧になっていきます。
逆に脚を後に引くとシワは濃く太くなります。

つまり尻を描く前には、ある程度脚の位置を決めておく必要があるということです。

これからは他のイラストを良く観察し、脚を曲げる角度によってお尻のシワがどう変化するか覚えておきましょう。

 

 

●最後に

四つん這いなど萌え絵にはお尻の描写は必須です。
お尻が描けないとパンツも描けません。

魅力的なお尻が描けるようになるためにも、あらゆる角度から描けるようにお尻の部分模写をすることをおすすめします。
また脚の位置を微妙に変えたときのお尻の見え方の変化を描くのも良いでしょう。

思った以上に奥が深いお尻、しっかり観察してから描くことが大切です。

 

 

スポンサーリンク

関連記事

no image

上半身の描き方のコツ

萌え絵でかなり描く機会が多いのが上半身です。 顔と上半身だけ描いても絵になりますし、短時間で簡単に描

記事を読む

no image

萌え絵の口の描き方のコツ

女の子のチャームポイントである口。 男からするとフェチ心をくすぐられる部分です。 萌えイラストにお

記事を読む

no image

俯瞰とアオリの顔の描き方のコツ

正面や斜めの構図の顔なら描けるけど、俯瞰と構図の顔だと描けないという人は多いと思います。 元々俯瞰

記事を読む

no image

わき(脇・腋)の描き方のコツ

女の子のわき(脇・腋)は男のフェチ心をくすぐる大事な萌えポイントのひとつです。 女の子イラストにわ

記事を読む

no image

萌え絵の腕の描き方のコツ

初心者ほど簡単だと思われて軽視されやすい場所、それが腕です。円柱のような単純な形だと思われやすいのが

記事を読む

no image

萌え絵の髪の描き方のコツ

絵描きにとって髪の毛は手と並び最も難しいところです。 練習しても、なかなかプロの絵描きのような美しい

記事を読む

no image

萌え絵の目の描き方のコツ

萌えキャラのかわいさを決定づけるその大きな「目」 目が上手く描けるだけで、そのキャラクターの魅力

記事を読む

no image

髪の毛について学ぼう!

今回は萌え絵の髪の描き方のコツの続編になります。 主に長い髪を描くときのちょっとした知識の寄せ集め的

記事を読む

no image

横顔の描き方のコツ

正面やナナメの顔は描けるようになったけど、横顔は描けない。 そんな人って多いと思います。 萌え絵の

記事を読む

no image

肩の構造を理解しよう!

初心者がなにげに苦戦する場所、それは肩です。 肩の構造は実はすごい複雑で、多彩な動きを見せます。

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。


  • ※ブログランキングに参加中です。
    クリックのご協力をお願いします。

    にほんブログ村 イラストブログ 描き方・技法へ