苦手を克服しよう!手の描き方のコツ

公開日: : 萌え絵の描き方

顔の喜怒哀楽とともに、キャラクターの豊かな感情を伝える手段として、手を忘れることはできません。

手の表情だけで「その人が今何をしてどんな感情を抱いているのか」を想像することができます。
見る人のイマジネーションを掻き立てるわけです。
手の表現によって萌えるシチュエーションがぐっと広がるんですね。

そんな手ですが、描くことは非常に難しいです。

手の構造を学んだとしても
練習量を増やしたとしても
なかなか思うように上達しないのではないでしょうか。

イラストの中でも最難関といえる手ですが、実はちょっとした工夫でそれなりに描けるようになります。
ぜひその工夫を試してみて、手の苦手意識を減らしましょう。

 

スポンサーリンク

 

●先に色を置いておくと手は描きやすくなる

手はいきなり描き出すとだいたい失敗します。
きちんとアタリを取りましょう。

アタリは線や点ではなく、ブラシで広範囲に色を塗ったものを使用します。

簡単にいえば、手を描く前にブラシであらかじめ手の形っぽく塗っておくということです。

すごく単純ですね。

でもこれだけだと物足りないので、手の骨格を踏まえつつ、もう少し踏み込んだ説明をします。

まずは下の図を見てください。

手の骨格

これが手の骨格になります。
見てもらえればわかりますが、手の骨はまず手根骨というたくさんの骨が集まったカタマリから、 それぞれ5本の骨が枝分かれしています。

つまり手の骨は手根骨が出発点となります。

すでに腕は描いてあると思いますので、手根骨があると思われる場所に色を置きましょう。

手根骨に色を置く

次は手のひらです。
手のひらには中手骨があります。
中手骨に沿って色を置いていきましょう。

終わったら指の付け根の部分もそっと塗っておきます。

中手骨に色を置く

今度は人差し指から小指までです。
各指の長さに気を使いながら色を置いていきます。

人指し指~小指に色を置く

最後は親指です。
中手骨、指骨まで一気に色を置きましょう。

親指に色を置く

これでアタリは完成です。
あとはこれを目安に手を描くだけです。

手を描く

アタリなしのときよりも手の形のイメージが簡単になり、描きやすくなったと思います。
色々と形や角度を変えて練習してみてください。

 

 

●手を描くときの注意点

手を描くとき初心者が一番勘違いしやすいことは、指は指の根元から曲がると思っていることです。

自分の手をよく見てください。
指の間接は指の根元ではなく、手のひらの上部にあります。

手の甲側だと骨が出っ張っているところを支点に曲がり、
手のひら側だと手相でいう感情線に深いしわができて曲がります。

ここに中手骨と指骨の関節があります。

指を曲げたとき、手を横から見ると指が長くなったように見えます。
逆に手のひらの面積は小さくなったように見えます。

指を曲げるごとに徐々に変化しますので、しっかりと観察してください。

指が曲がる位置

 

 

●最後に

手を描くときのコツを1つお伝えしましたが、他の手の講座もあわせて学ぶことによって 多面的な理解が得られます。
ひとつのやり方だけでなく、他の手の描き方も柔軟に取り入れて頂ければと思います。

 

 

スポンサーリンク

関連記事

no image

お尻の描き方のコツ

萌え絵師の絶対必須科目といえるのがお尻です。 にもかかわらず、意外にもお尻の描き方の講座は少ないよう

記事を読む

no image

萌え絵の腕の描き方のコツ

初心者ほど簡単だと思われて軽視されやすい場所、それが腕です。円柱のような単純な形だと思われやすいのが

記事を読む

no image

頬を意識することで女の子の萌え度がアップする

女の子の顔の中で最も印象的な部位といえば目です。 でも、何も目だけが女の子の魅力を決めるものではあり

記事を読む

no image

耳の描き方のコツ

女の子の髪の毛から軽くのぞく耳はかわいらしいです。 あまり露出しない部分ですが、しっかりその存在を主

記事を読む

no image

肩の構造を理解しよう!

初心者がなにげに苦戦する場所、それは肩です。 肩の構造は実はすごい複雑で、多彩な動きを見せます。

記事を読む

no image

わき(脇・腋)の描き方のコツ

女の子のわき(脇・腋)は男のフェチ心をくすぐる大事な萌えポイントのひとつです。 女の子イラストにわ

記事を読む

no image

簡単!女の子のボディの描き方

今回は萌え絵の女の子のからだの描き方です。 「やわらかく丸みを帯びたフォルム」 「魅惑的なボデイラ

記事を読む

no image

萌え絵の目の描き方のコツ

萌えキャラのかわいさを決定づけるその大きな「目」 目が上手く描けるだけで、そのキャラクターの魅力

記事を読む

no image

首の構造について理解しよう!

顔のすぐ下にあるパーツの首。 たった2本の線で描けるので簡単といえば簡単です。 でも首は横を向いた

記事を読む

no image

足のアタリの描き方のコツ

萌え絵ではあまり描く機会のない「足」 と言っても全身を描くときは必須の部分になります。 手と同じよ

記事を読む

Comment

  1. random walk より:

    はじめまして、random walkと申します。

    Twitterでフォローして頂きありがとうございます。私と、同じく絵を描いてらっしゃると言うことで、こちらの方にもやってまいりました。

    一応、全記事読ませて頂いたのですが、まず、一言、一年半ほど前にイラスト始めたんですけど、その時に、このようなサイトがあればどんなに助けられたかなと思うくらい、私が悩んでいたことの解決法が書かれていました。多分、これから、イラスト始める方には物凄く役に立つ内容だと思います。私も、今からでも大変参考になります。今回の手の描き方も、私の悩んでいるところですので、参考になりました。

    これからも、ちょくちょくよらせて頂きたいと思います。

    では、また。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。


  • ※ブログランキングに参加中です。
    クリックのご協力をお願いします。

    にほんブログ村 イラストブログ 描き方・技法へ