髪の毛について学ぼう!

公開日: : 萌え絵の描き方

今回は萌え絵の髪の描き方のコツの続編になります。
主に長い髪を描くときのちょっとした知識の寄せ集め的な内容です。

長い髪は情報量が多いので前髪を描くときよりもさらに難しいですが、 これから伝えるちょっとした知識よって長い髪が描けようになるきっかけになればと思います。

 

①髪は束で考える

まずは髪を紙でできた短冊のような束で考えます。
髪の毛一本一本は「線」ですが、それらが集まると「平面」の束になります。

 

②髪は曲がる

髪はしなやかで軽く、自然なカーブを描きます。
ただ軽いといっても髪の毛にもある程度の「重さ」があります。

はえぎわに近い髪は下の毛の重さに引っ張られて真っ直ぐになります。
反対に毛先側の髪は軽いので曲がりやすくなります。

髪の重さ

さらに毛先の近くは髪の毛の量が減って細くなります。
細くなればもっと軽くなるのでさらに曲がりやすくなります。

 

③髪は枝分かれする

髪は途中から枝分かれします。
髪の流れにそって自然に枝分かれするように描きます。

特に曲がり角の髪は枝分かれしやすいポイントです。
曲かっている最中の髪は大きく膨らみます。
その膨らんだ髪から曲がりきれなかった髪が飛び出す感じです。

枝分かれする髪

枝分かれするということは髪の量が減って軽くなるということです。
枝分かれして細くなった髪の束は、太い束に比べ曲がりやすくなることも覚えておきましょう。

 

④髪はひねる

髪はくるっとひねりを加えて回転します。
ひねりは手前側のひねり奥側のひねりの2種類があります。
髪の毛の進む方向に気を配りながら2種類のひねりを使い分けてください。

2種類のひねり

コピー用紙を1cm程度に細長く切り取り、その切り取った束にひねりを加えて観察してみましょう。
紙だとちょっと堅いですが、参考になります。

 

⑤髪の束の前後関係に気をつける

カメラから見て、どの髪が前で、どの髪が後ろか考えながら描いてください。
サイドの髪をずっと下にたどっていくと後ろの髪よりも奥の位置になっていた、なんてことは初心者にありがちなミスです。

初心者なら一番手前の髪から描くと良いかもしれません。
例えば正面構図の場合、一番手前の髪は前髪であり、その前髪で一番手前の髪は両目の間付近を通る髪です。
それから奥に向かって順に髪を足していくと、髪の前後関係が把握しやすくなります。
(ただし髪全体のバランスはとりにくくなるかもしれません)

 

 

●最後に

髪の毛ほど自然の法則にのっとった動きをする場所はないかもしれません。
でも、その自然の法則が理解できれば髪の毛は描けるともいえます。

どちらかといえばひたすら描いて覚えるよりも、 じっくり観察して法則性を見つけてから練習したほうが髪の毛に関しては上達が早いかもしれませんね。

 

 

スポンサーリンク

関連記事

no image

萌え絵の腕の描き方のコツ

初心者ほど簡単だと思われて軽視されやすい場所、それが腕です。円柱のような単純な形だと思われやすいのが

記事を読む

no image

俯瞰とアオリの顔の描き方のコツ

正面や斜めの構図の顔なら描けるけど、俯瞰と構図の顔だと描けないという人は多いと思います。 元々俯瞰

記事を読む

no image

苦手を克服しよう!手の描き方のコツ

顔の喜怒哀楽とともに、キャラクターの豊かな感情を伝える手段として、手を忘れることはできません。 手

記事を読む

no image

頬を意識することで女の子の萌え度がアップする

女の子の顔の中で最も印象的な部位といえば目です。 でも、何も目だけが女の子の魅力を決めるものではあり

記事を読む

no image

肩の構造を理解しよう!

初心者がなにげに苦戦する場所、それは肩です。 肩の構造は実はすごい複雑で、多彩な動きを見せます。

記事を読む

no image

萌え絵の髪の描き方のコツ

絵描きにとって髪の毛は手と並び最も難しいところです。 練習しても、なかなかプロの絵描きのような美しい

記事を読む

no image

足のアタリの描き方のコツ

萌え絵ではあまり描く機会のない「足」 と言っても全身を描くときは必須の部分になります。 手と同じよ

記事を読む

no image

肩の描き方のコツ

肩は腕を動かすたびに見た目を変化させる非常に間違えやすい部位です。 腕を動かすと肩の筋肉である三角

記事を読む

no image

【ヒップ】下半身の描き方のコツ

萌え絵の女の子のセクシーさの一旦を担う下半身。 描いていてとても楽しい部分です。 初心者でも描きや

記事を読む

no image

萌える脚の描き方のコツ

スラリと伸びた長い脚は女の子の大きな魅力の1つ。 露出の機会も多いため、よく目に触れるところです。

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。


  • ※ブログランキングに参加中です。
    クリックのご協力をお願いします。

    にほんブログ村 イラストブログ 描き方・技法へ