【レビュー】マンガの基礎デッサン 女の子 コスチューム編

公開日: : レビュー記事

マンガの基礎デッサン 女のコ コスチューム編

女の子の絵を描きたいなら、何といってもコスチューム。
絵描きにとって萌えとは女の子の可愛さとコスチュームの可愛さのセットで表現するものといえるでしょう。

マンガの基礎デッサン 女のコ コスチューム編』は初心者向けに女の子のコスチュームの描き方を教えてくれる参考書です。

その中には多くの人が苦手とする、服のシワの描き方も含まれています。
シワの描き方を中心にこの参考書の中身を見てみましょう。

 

 

●マンガの基礎デッサン 女の子コスチューム編レビュー

マンガの基礎デッサン 女のコ コスチューム編表紙

総ページ数192P。
全てモノクロページになります。

 

目次

目次です。
第一章から第四章まであります。

 

裸が先か、服が先か

服を描く前に裸を描きましょうというページ。
裸が描けない人はこの時点でつまづきそうですが、裸を正確かつ丁寧に描く必要はないそうです。

 

服を描くための3つのポイント

服を描くための3つのポイント。
やはり服の構造を知ることが大事なのですね。
シワは3つある内の最後なのも見逃せないポイントです。

 

ユルとピタ

ページ全体を通して
布の生地が体に密着した「ピタ」ポイントを黒い三角矢印、
布の生地が体から離れた「ユル」ポイントを白い三角矢印で表現しています。

この「ピタ」と「ユル」はシワを描く上で非常に重要な要素になります。

 

しわができるわけ

シワができるわけ。
ひとくちにシワといっても、たくさんの種類があるようです。

 

バストのしわの表現

バストのシワの表現です。
萌え絵特有の乳袋のシワの描き方まであります。

 

襟の描き方

襟の描き方です。
襟って地味に難しいので有難いですね。

 

セーラー服の構造

セーラー服の構造のページです。
セーラー服は他の服と比べても、かなり独特な構造をしていると感じます。

 

スカート徹底攻略

スカート徹底攻略です。
主に座っているときのスカートのシワがわかります。

 

靴の描き方

靴の描き方のページです。
靴の種類によって描き分ける必要がありそうです。

 

 

●感想

まず注意しなければならないことがあります。
それは描かれたイラストに大きなバラつきがあることです。

この参考書はカラーページはなく全てモノクロなのですが、 シワを一本の線で済ましているイラストもあれば、鉛筆の濃淡を使ってシワを立体的に描写しているイラストもあります。
つまりイラストレーターによってシワの描き方が全く異なります。

シワの描き方も個性のうち、と考えれば一本の線でシワを描くことは何も間違ってはいません。
でもやはり初心者がシワを覚えるためには、シワを立体的に捉えられるイラストこそが参考書にふさわしいイラストだと思います。

残念ながら一本の線でシワを描いたイラストのほうが多いです。
鉛筆の濃淡でシワを表現したイラストはあまり多くありません。

もしあなたがこの参考書を模写してシワを覚えようとお考えならあまりおすすめはできません。
仮に模写するならばシワを立体的に捉えられるようになってから模写すると良いでしょう。

 

私はこの本の真骨頂はイラストよりも文章にあると思っています。
文章といっても長文ではなく、普通にイラストに添えられた2、3行の簡単な文章のことです。

文章には服の構造や布地の特性(主にシワ)などの情報がワンポイントアドバイスとして書かれています。
思わずなるほど!と思ったり、目から鱗の内容が多いです。

正直これらの情報は描いているときに覚えられるようなものではありません。

描いているときの気づきは絵の上達にとって大事なことですが、こと服に関しては外部から知識を身につけたほうが手っ取り早いと思います。

つまり文章を読むことによって服に関する理屈の部分を補うわけです。
理屈がわかっていればイメージもしやすくなりますし、他のイラストを見てもなぜそこにシワがあるか理解できます。
これってすごく大事なことではないでしょうか?

 

このように弱点はあるものの、服を描くための知識が詰まった良書だと思います。
今のところ私がもっているコスチューム関係の本では一番役に立っています。

もしこの参考書を購入したのならば、ぜひイラストだけを見ずに文章もしっかり読んでいただければと思います。

 

 

関連記事

no image

【レビュー】スーパーマンガデッサン―作画のための考えるデッサン

2005年刊行と古いですが今でも初心者おすすめの良書として挙げられることが多いのが、 この『スー

記事を読む

no image

萌え絵を描くときのシャーペンの選び方

萌え絵はシャーペンで描く、という人は多いと思います。 萌え絵は線画が主体なので、シャーペンのほうが

記事を読む

no image

【レビュー】初めて描く人のための漫画キャラデッサン

新たに萌え絵を始めたい人に最適な参考書が刊行されたのでレビューしてみたいと思います。その参考書と

記事を読む

no image

【レビュー】乗り物と少女の描き方: 自転車から戦車までの描き方全解説!

かわいい女の子も描きたいけど、かっこいい車やバイクなどの乗り物も描きたい……そんな人ってけっこ

記事を読む

no image

【レビュー】Let’s Make ★ Character CGイラストテクニック vol.3

一人のイラストレーターにスポットを当てそのメイキングを紹介するCGイラストテクニックシリーズ。

記事を読む

no image

【レビュー】デジタル作画法 アニメで見た空と雲のある風景の描き方

アニメでよく見る自然の風景といえば海と入道雲などの夏空や四季おりおりの木々などが思い浮かびます

記事を読む

no image

【レビュー】萌えキャラクターの描き方 顔・からだ編

『萌えキャラクターの描き方』は今ではシリーズ化し何冊か刊行されていますが、 『顔・からだ編』はそ

記事を読む

no image

【レビュー】アーティストのための美術解剖学

人体構造を学ぶことは絵の上達の近道です。 それは萌え絵も例外ではありません。 今回は人体構造を

記事を読む

no image

【レビュー】ヒロマサのお絵描き講座<体の描き方編>

  Pixivで人気のヒロマサ先生の講座の書籍版第二弾が【マンガ】ヒロマサのお絵描き

記事を読む

no image

【レビュー】5日間で学ぶ!お絵描きPhotoshop教室

  プロの現場では必ずと言っていいほど使われるPhotoshop。 それゆえなんだか

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。


  • ※ブログランキングに参加中です。
    クリックのご協力をお願いします。

    にほんブログ村 イラストブログ 描き方・技法へ