【レビュー】マンガの基礎デッサン 女の子キャラ編

公開日: : レビュー記事

マンガの基礎デッサン 女のコキャラ編

 

マンガの基礎デッサン 女のコキャラ編』はマンガの基礎デッサンシリーズの最初の一冊目になります。

シリーズ一冊目ということで、女の子の体を描くための基礎について教えてくれます。
それでは本書の中身を見てみましょう。

 

 

●マンガの基礎デッサン 女の子キャラ編レビュー

マンガの基礎デッサン 女の子キャラ編表紙

総ページ数192P。
全てモノクロになります。

 

目次

目次です。
第一章から第三章まで。
全て女の子の体を描くためのテクニックが詰まっています。

 

頭身

この参考書の最大の特徴は、頭身の説明が詳しいことです。
頭身に関するページだけで30ページ以上あります。

ミニキャラの2頭身から超モデル体型の11頭身までのプロポーションの違い。
また同じ8頭身でも腰の位置を変えたり、足の長さを変えたりなどの描き分けの方法についても紹介しています。

 

顔のパーツの配置

顔の描き方です。
顔をバランスよく描くためには、目鼻口や耳などを適切に配置しなければなりません。
それを正面顔、横顔、斜め顔とそれぞれ基本的な配置の仕方について教えてくれます。

 

髪型のバリエーション

髪に関しては32ページの大ボリュームです。
ただし、髪の描き方の内容は少なく、そのほとんどがヘアスタイルの種類の紹介です。
髪はある程度描けるけど、ヘアスタイルのバリエーションをもっと増やしたい人は役立つかもしれません。

 

女の子の体の目安

女の子の体の描き方です。
肩ラインやバストトップラインなど、横線を使って体の構造を捉えます。

 

手の描き方

手の描き方です。
手のひらや指の比率の説明があります。

 

バストの描き方

バストの描き方です。
他の参考書と比べて力が入っている気がします。
乳輪の描き方も載っています。

 

体の曲げとひねりのポーズ

女の子を魅力的に描くにはポーズが必要です。
体を曲げたり、ひねったりしたときの体の作画方法について教えてくれます。

 

4つの体型

女性の体は主に4つのタイプに分かれるそうです。
次のページからそれぞれのタイプ別の描き方についての紹介です。

 

 

●感想

「マンガ」の基礎デッサンというだけあって、「マンガ」を強く意識した参考書だと思いました。

マンガはイラストとは違い、キャラを一人だけ描けばよいわけではありません。
複数のキャラを描き分ける必要があります。

最初のコマで描いたキャラが次のコマでは頭身や目鼻口の顔のパーツが違うと、読者は違うキャラだと思ってしまいます。

そうならないためにも、きちんと頭身をあわせたり、どんな角度でも目鼻口の位置を適切に配置しなければなりません。

本書はどんな角度でもキャラクターが同じに見えるように、体の比率やプロポーションを守って描くことを重視している気がしています。
そしてそれができた上で、キャラの描き分けができるようになることが目的なのではないでしょうか?

この一冊だけでマンガを描けるかは疑問ですが、 将来マンガを描くことを想定して、まずはこの本で女の子の体を描けるように勉強するのはアリだと思います。

 

 

●萌えキャラクターの描き方 顔・からだ編との比較

初心者向けの参考書というと、もう一つ『萌えキャラクターの描き方 顔・からだ編』があります。
どちらを買うか迷っている人も多いのではないでしょうか?

>>【レビュー】萌えキャラクターの描き方 顔・からだ編

マンガの基礎デッサンも萌えキャラクターの描き方も同じ著者です。
著者が同じということは、両者には明確なコンセプトの違いがあるということです。

そのコンセプトについてはあくまで推測するしかありませんが、一応普通に見た目で判断することはできます。

マンガの基礎デッサン 女の子キャラ編は萌え絵が対象ではありません。
添えられたイラストも頭身の高いものが多く、どちらかというとリアル寄りです。

対して萌えキャラクターの描き方 顔・からだ編はズバリ萌え絵が対象です。
頭身も低く、かなりデフォルメが利かせてあります。

自分の描きたい絵柄とよく相談して、どちらの参考書が合っているかよく考えてみると良いでしょう。

また、マンガの基礎デッサン 女の子キャラ編はどちらかというとマンガ向け、 萌えキャラクターの描き方 顔・からだ編はどちらかというとイラスト向けな気もします。

最近は萌え絵のマンガも増えましたが、ちょっと前までは萌え絵というと一枚絵のイメージが強かったですからね。

マンガが描きたいのか、イラストが描きたいのかで判断しても良いかもしれません。

 

 

関連記事

no image

【レビュー】萌えキャラクターの描き方 コスチューム編

  萌え絵といえばコスチューム!セーラー服やブレザーにメイド服、水着や浴衣に巫女服な

記事を読む

no image

【レビュー】5日間で学ぶ!お絵描きPhotoshop教室

  プロの現場では必ずと言っていいほど使われるPhotoshop。 それゆえなんだか

記事を読む

no image

【レビュー】ペンタブレットIntuos Pro medium (PTH-651/K0)

約1年8ヶ月ほど使っていた『Bamboo』から、新たにペンタブを『Intuos Pro』のM

記事を読む

no image

【レビュー】ヒロマサのお絵かき講座<顔の描き方編>

  初心者にとって最初に描きたいところといえば「顔」 しかし顔を描くことはけっこう難

記事を読む

no image

萌え絵を描くときのシャーペンの選び方

萌え絵はシャーペンで描く、という人は多いと思います。 萌え絵は線画が主体なので、シャーペンのほうが

記事を読む

no image

【レビュー】手を離してイラスト本が見れるブックスタンドのすすめ

1ヶ月ほど前にアマゾンにてブックスタンドを購入しました。 購入したのは『ELECOM EDH-0

記事を読む

no image

【レビュー】Let’s Make ★ Character CGイラストテクニック vol.3

一人のイラストレーターにスポットを当てそのメイキングを紹介するCGイラストテクニックシリーズ。

記事を読む

no image

【レビュー】スーパーマンガデッサン―作画のための考えるデッサン

2005年刊行と古いですが今でも初心者おすすめの良書として挙げられることが多いのが、 この『スー

記事を読む

no image

【レビュー】CLIP STUDIO PAINT EX 公式ガイド

Illust StudioとComic Studioが合体し、イラスト&マンガ制作ソフトとして生

記事を読む

no image

【レビュー】初めて描く人のための漫画キャラデッサン

新たに萌え絵を始めたい人に最適な参考書が刊行されたのでレビューしてみたいと思います。その参考書と

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。


  • ※ブログランキングに参加中です。
    クリックのご協力をお願いします。

    にほんブログ村 イラストブログ 描き方・技法へ