部分模写のススメ

公開日: : 萌え絵上達法

部分模写といえば「手の練習」を思い浮かべる人は多いと思います。
しかし部分模写は何も手だけに限る必要はありません。

肩を覚えたいなら肩だけでも、目を描きたいなら目だけでも、胸を描きたいなら胸だけでもかまわないのです。

 

スポンサーリンク

 

●部分模写のメリット

部分模写の最大のメリットといえば、何といっても頭の中にインプットしやすいことです。

部分模写は全てを描くよりも短時間で終わらせることができますし、 描いたものが頭の中に残りやすくなります。

毎回キャラから背景までを全部描けとアドバイスする人もいますが、 本当に大事なことはものの形をしっかり理解して頭の中にインプットすることです。

全て描くことの利点はもちろんありますが、だからといって毎回そう描かなくてはならないわけではありません。

自分にとって描いたものが最もインプットしやすい方法を選んでいただければと思います。

 

 

●部分模写の方法

部分模写をする前には、何よりも資料集めが重要です。

例えば肩を覚えたいなら、ネットや書籍などで情報を集めて、その内容を覚えましょう。
肩の骨格や筋肉などの構造、可動範囲、腕を動かした場合の位置関係など
完璧に覚えろとは言わないまでも、軽く目を通しておくだけでも効果的です。

描くときは資料をすぐに取り出せる位置に置いておくとなお良しです。
デジタルならモニターのすみっこに資料をたくさん並べておくなど工夫しましょう。
模写元の絵や資料とにらめっこしつつ、描いていきます。

描くときはラフで終わりにせず、なるべく模写元の絵に似るように精密に描いてください。
ペン入れまでする必要はありませんが、その一歩手前の状態までは形を整える必要があります。

構造を学ぶ → 描く → 確認する → 修正する
の一連の流れを基本として、様々な角度や動きに挑戦していきましょう。

ちなみに体のパーツは一箇所に限定する必要はありません。
肩から手までの腕全体を描いてもいいですし、マネキンみたいに手足首をスパッと切った状態の胴体を描いても良いと思います。
描く題材は自由に決めていいのです。

 

 

●最後に

この部分模写練習法ですが、全身のクロッキーを中心に練習している初心者の方には特におすすめです。

確かに全体のバランスをとるためにクロッキーをすることは大事なことですが、 クロッキーだけだといつまで経ってもラフでしか人体を描けません。

細部に目を向けるためにも、部分模写をぜひ練習に取り入れてみればいかがでしょうか?

人体の細部の理解が進んでからクロッキーすると、また違った印象が得られると思いますよ。

 

 

スポンサーリンク

関連記事

no image

右脳モードで絵を描こう

数年前に右脳ブームがあったので知っている人も多いと思います。 左脳と右脳はそれぞれ得意分野があり、

記事を読む

no image

メモリーツリーを活用して創造性を刺激しよう

絵を描く行為とはイマジネーション、創造性のある活動です。 自分の頭の中のイメージを絵にする力が必要に

記事を読む

no image

顔から描かない

キャラクターを描くとき、いつも顔(頭部)から描いていませんか? 女の子の顔を描くのは楽しいです。

記事を読む

no image

服が描けるようになるための道しるべ

可愛いコスチュームが描きたいからと、たくさん可愛いコスチュームを模写しても一向に上達していないという

記事を読む

no image

手癖で描かない

ネットで絵の上達について調べると絵が上手い人たちの「手癖で描くな!」というアドバイスをよく見ます。

記事を読む

no image

絵の上達のためのイラスト参考書活用術

あなたはイラストの参考書、もしくはイラスト教本を持っていますか? おそらく最低でも一冊は持っているか

記事を読む

no image

ひたすらハートマークを描こう!

絵を描き始めたばかりの人向けの練習のひとつに、ひたすら丸を描き続けるというのがあります。 人体は

記事を読む

no image

効率良く絵が上達する方法

絵ってなかなか上達しないですよね? 毎日練習したとしても、その成長速度はとてもゆっくり。 数年の長い

記事を読む

no image

イラストの練習は何のためにするの?

私たちはなぜイラストの練習をするのか考えたことはあるでしょうか? それはもちろんイラストの上達のた

記事を読む

no image

イラストを描く人のための周辺視トレーニング

このブログでは何度か周辺視の重要性について触れています。 ですが実際に周辺視しながら描くとはいったい

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。


  • ※ブログランキングに参加中です。
    クリックのご協力をお願いします。

    にほんブログ村 イラストブログ 描き方・技法へ