イラストの練習は何のためにするの?

公開日: : 萌え絵上達法

私たちはなぜイラストの練習をするのか考えたことはあるでしょうか?

それはもちろんイラストの上達のためなのですが、ここをもっと具体的にはっきりさせると、今自分がしている練習が何のための練習なのかより理解できるようになります。

今ある練習を有意義なものにするためにも、今一度練習の意義について考えてみましょう。

 

スポンサーリンク

 

●頭の中の引き出し理論

人の記憶はよく「頭の中の引き出し」に例えられることがあります。
博識な人はそうでない人よりも、多数の引き出しを持っているといえるでしょう。

同じように絵の上手い人は絵の初心者よりも、はるかに絵に関する引き出しを持っています。

それは「人体構造の知識」だったり、「立体把握」だったり、「パースの知識」だったりします。

その他にも「腕を上げた時のシャツのシワの寄り方」や「髪の影を塗るときのブラシの設定や筆の動かし方」など、すごく細かい部分の知識も含みます。

このように絵の上手い人は大きな括りの知識からすごく細かい部分の知識まで、数多くの知識を頭の中の引き出しにしまっています。

 

実はこれらイラストの知識はネットや参考書によって簡単に手に入れることができます。
たとえ初心者でも知識を手に入れるだけなら本当に簡単にできてしまいます。

しかしいくらたくさんの知識を手に入れても、それら知識をしっかりと絵に適用できなければ全く意味がありません。

これを「頭の中の引き出し」に例えるなら、引き出しには入っているけれども、引き出しからすぐには取り出せない状態です。

引き出しの奥の奥に挟まっているので、引き出すのにかなりの時間がかかっているようなものです。

知識はあってもすぐに使えないので、結局は役立たずと言って良いでしょう。

 

知識はやはり使われてこそ意味があります。

そしてこの引き出しに入っている知識をすぐに取り出すために必要なこと、それこそがイラストの練習なのではないでしょうか?

 

 

●目的を持って練習する

イラストの練習とは頭の中の知識を引き出しからすぐに取り出すために行うものだと私は思っています。

最初はすぐには取り出せなかった知識も、練習を繰り返すことですぐに取り出せるようになります。

そしてこれは「目的を持って練習すること」とほぼ意味は同じです。

「今私は○○を身につけるために練習している」と自覚していれば、何も考えていないときよりも速く引き出せるようになります。

 

例えば立体的に描けるようになりたいなら、常に立体を意識することで立体把握だけに集中することができます。

このとき立体把握以外の部分は集中していません。
しかし初心者の頃はあれもこれも意識することはできない以上、意識を一つに絞ったほうが実は効果的というわけです。

 

また身につけたいものが決まっていれば、それに合わせたベストな練習方法を選ぶこともできます。

例えば
「プロポーションを身につけたいなら、頭身の基準となる頭部を先に描いてから全身を描く」
「腕を上手く描きたいなら、腕の筋肉や骨格を意識しながら腕だけを繰り返し描く」
「アイレベルやパースを意識して描きたいなら、人体を箱に置き換えて描く」
などです。

上の例においては、プロポーションの知識や、腕の筋肉と骨格の知識、アイレベルやパースの知識を事前に知っておくことが必要です。

そして得た知識を応用してたくさん描くうち、次第に強く意識しなくても、さも当たり前のようにイラストに適用できるようになります。
これは知識を完全に自分のものにしたと言ってよいでしょう。

 

 

●最後に

知識を得ることと、たくさん描くことは車の両輪みたいなものです。
どちらが欠けると、同じ所をぐるぐると回るだけで一向に進まないなんてことになりかねません。

しかし何のためにイラストの練習をするのかをきちんと理解していれば、確実に前を向いて進むことができます。

今している練習が何のための練習か自覚した上でたくさん描く、これが上達の秘訣だと私は思います。

 

 

スポンサーリンク

関連記事

no image

立体感覚を身につけるための練習法

上手い人「立体を意識して描け!」 初心者「わかりました!次からは立体を意識して描いてみます!」 っ

記事を読む

no image

ひたすらハートマークを描こう!

絵を描き始めたばかりの人向けの練習のひとつに、ひたすら丸を描き続けるというのがあります。 人体は

記事を読む

no image

上達を加速させる模写のコツ

模写をすると上手くなると言う人がいる一方で、模写しても上手くならないと言う人がいます。 私とし

記事を読む

no image

もっとイラストを観察しよう!

優れた文筆家は読書量も半端ないと言われています。 ならば優れた画家も今まで鑑賞してきた絵画の数も半端

記事を読む

no image

メモリーツリーを活用して創造性を刺激しよう

絵を描く行為とはイマジネーション、創造性のある活動です。 自分の頭の中のイメージを絵にする力が必要に

記事を読む

no image

【イラスト練習法】トレスのススメ

「トレスでは絵の上達はしない」と思っていませんか? たしかに線をなぞるだけのトレスでは、 人体構造

記事を読む

no image

絵をはじめたばかりの初心者はまず何から始めればいいの?

「絵を描きたい!将来プロの絵描きになりたい!」 そんな思いでこれから絵をはじめようと思っているあなた

記事を読む

no image

絵に関する初心者が陥るよくある勘違い

絵を始めたばかりの初心者の頃は右も左もわかりません。 そんなとき友人に描き方を聞いたり、ネットで調べ

記事を読む

no image

部分模写のススメ

部分模写といえば「手の練習」を思い浮かべる人は多いと思います。 しかし部分模写は何も手だけに限る必要

記事を読む

no image

右脳モードで絵を描こう

数年前に右脳ブームがあったので知っている人も多いと思います。 左脳と右脳はそれぞれ得意分野があり、

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。


  • ※ブログランキングに参加中です。
    クリックのご協力をお願いします。

    にほんブログ村 イラストブログ 描き方・技法へ