解像度について学ぼう!

公開日: : デジタルイラスト関連

デジタルで絵を描くとき、どのくらいの「解像度」で描いていますか?
多くの人はとりあえず高く設定しておけば問題ないという認識だと思います。

練習で描くならそれで充分ですが、「紙に印刷するとき」「ネットにアップロードするとき」などの「イラストを他人に見せるとき」には解像度の設定はけっこう大事だったりします。

いずれ上手くなれば多くの人に自分の作品を見てもらうことになります。
後回しにせず、今からでも解像度について学んでおきましょう。

 

スポンサーリンク

 

●解像度とは

解像度とは「画像のキメ細かさを表わす尺度のひとつ」です。

この解像度の数値は高ければ高いほど、画像がキメ細かくなり高精細で美しいイラストになります。

72dpiや350dpiなどの言葉を聞いたことがあるかと思いますが、解像度の単位はこの「dpi」です。

dpiとは「ドット・パー・インチ」の略で、その名の通り1インチ(25.4mm)の中にドット(ピクセル)がどのくらい入っているかで表します。

 

1インチの中にピクセルが2つあると「2dpi」です。
2dpiのときの1ピクセルの長さは
25.4mm÷2=12.7mm
で、「12.7mm」となります。

2dpiの1ピクセルの長さ

1インチの中にピクセルが5つあると「5dpi」です。
5dpiのときの1ピクセルの長さは
25.4mm÷5=5.08mm
で、「5.08mm」となります。

5dpiの1ピクセルの長さ

1インチの中にピクセルが72個あると「72dpi」です。
72dpiのときの1ピクセルの長さは
25.4mm÷72=0.3528mm
で、「0.3528mm」となります。

 

1インチの中にピクセルが350個あると「350dpi」です。
350dpiのときの1ピクセルの長さは
25.4mm÷350=0.0725mm
で、「0.0725mm」となります。

 

このようにdpiの数値によって1ピクセルの長さが変わります。

ピクセルの大きさは一定に決まっているのではなく、解像度によって変化することを覚えておきましょう。

 

 

●線画は解像度を高めに、彩色時は解像度を下げる

解像度が高くなるほど、精細な絵が表現できます。
これはつまり、解像度が高くなるほど滑らかで美しい線が引けるということでもあります。

72dpiと350dpiでの線を見比べてください。
明らかに350dpiで引いた線のほうが滑らかで美しいです。

ネットに上げるからと最初から72dpiで描くと微妙な線画になりやすいです。

ですので線画を描くときは、解像度を高くして描きます。

 

逆に、彩色時は解像度を下げます。

解像度が高いほど絵は精細に描けますが、問題はパソコンが重くなることです。
レイヤーをたくさん重ねればさらに重くなります。

そこを見据えると、彩色時はある程度余裕のある解像度にしたほうが快適に作業ができます。
マシンスペックに自信がないときは素直に解像度を下げましょう。

 

 

●おすすめのキャンバス設定方法

ネットでイラスト公開するとき、または練習時のキャンバスの設定方法を紹介します。
同人誌などの印刷時の設定については他サイトを参考にしてください。

①イラストの大きさを決める

まずは自分の描きたいイラストの大きさを決めましょう。
印刷はしないので単位はmmやcmではなく、「px」にします。

一例としてここでは800×600pxくらいの大きさのイラストを描くとしましょう。

 

②新規キャンバスを作成する

お絵描きソフトの新規キャンバスを作成します。

このときキャンバスの大きさは先ほど決めたピクセル数の「3倍」、 解像度は「288dpi」にします。

上の例で言うと新規キャンバスは2400×1800pxで解像度は288dpiに設定します。

 

③線画を描く

キャンバス上に線画を描きます。

仮に描いていてスペースが足りなくなった場合は、線画を縮小するのではなく、キャンバスのサイズを広げてください。

 

④彩色するため解像度を下げる

線画が終わったら、彩色するために解像度を下げます。
解像度は「96dpi」にします。

このとき画像の大きさは自動的に800×600pxになります。
(ならないソフトもあるかもしれませんが、通常はなります)

マシンスペックに自信があるなら、288dpiのまま彩色しても問題ありません。

 

⑤完成

彩色し終わったら終了です。
個人的にネットにイラストをアップロードするときは96dpiがおすすめです。

 

 

●その他注意点

①途中で解像度は上げられない

イラスト制作の途中で解像度を上げてもあまり意味がありません。

例えば96dpiでイラストを描き、途中で288dpiに解像度を上げても、すでに描き終えている部分は96dpiのイラストでしかありません。

ですので解像度を下げるときは解像度を元に戻せないことを理解した上で下げましょう。

 

 

②画面解像度と解像度は違う

「画面解像度」と「解像度」は違います。

「画面解像度」はパソコンのモニタに表示される総画素数のこと。
(800×600px、1024×768px、1980×1080pxなど)

「解像度」は先ほど申したとおり、1インチの中のピクセルの数のことです。
(72dpi、350dpi、600dpiなど)

紛らわしいですが、間違えないよう注意しましょう。

 

③解像度の変更とキャンバスサイズの変更

お絵描きソフトにはお絵描きの途中に「画像解像度の変更」と「キャンバスサイズの変更」ができますが、この2つは全く別の機能です。

「画像解像度の変更」……描いたイラストの大きさもキャンバスサイズも変わる(ただし単位をmmやcmで設定している場合は除く)

「キャンバスサイズの変更」……描いたイラストの大きさは変わらない、キャンバスの大きさは変わる

こちらも紛らわしいですが、間違えると取り返しがつかないなんてことになりかねないので厳重注意です。

 

④高解像度のイラストをネットに上げるときの注意

初心者のうちは心配ないかもしれませんが、ネットにイラストを高解像度でアップすると、悪意ある第三者に無断利用される可能性が高まります。

高解像度のイラストは印刷しても劣化しません。
そのため高解像度のイラストほど勝手にグッズとして売られやすくなります。

今のところ明確な対処法はありません。
高解像でイラストをアップするときは、無断利用される可能性を理解した上でアップしましょう。

 

 

●最後に

解像度については誤解や勘違いが起きやすいので混乱しやすいです。
そのため疑問が起きたら、逐一ネットや書籍で調べたり、詳しい人に聞いたりすることが大切です。

イラストが上手くなるほど必要になる知識です。
ここでは基礎的なことしか紹介していませんが、より詳しい知識を身につけておくことをお勧めします。

 

 

スポンサーリンク

関連記事

no image

クリップスタジオペイントのペンの入り抜き設定を理解しよう!

お絵描きソフトのCLIP STUDIO PAINT(クリップスタジオペイント)はペンやブラシを細

記事を読む

no image

【描けない!】ペンタブの線の引き方のコツ

ペンタブでうまく描けない…… 良くある悩みだと思います。 それもそのはず、ペンタブは紙で描くよりも

記事を読む

no image

アナログとは違うデジタルイラストの描き方

紙の上に描くアナログイラスト、ペンタブを使いPC上に描くデジタルイラスト。 どちらも描くことは同じ

記事を読む

no image

ペンタブが描きやすくなるマッピングのすすめ

ペンタブレットを新しく購入した人がまず行うべき設定、それがマッピングです。 デジタル絵を新しく始め

記事を読む

no image

ベクターレイヤーで初心者でも美しいペン入れを

「美しい色塗りの前には美しいペン入れあり」 イラストの良し悪しの半分は美しいペン入れにあると言っても

記事を読む

no image

【初心者おすすめ】クリップスタジオペイントのペン&ブラシ設定

クリップスタジオペイント(以下CSP)の特徴として、数多くのペンやブラシをカスタムマイズできるこ

記事を読む

no image

ペンタブレットのファンクションキーを設定しよう!

パソコンのキーボードにF1~F12のファンクションキーがあるように、WACOMのペンタブレットにもフ

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。


  • まだデータがありません。

  • ※ブログランキングに参加中です。
    クリックのご協力をお願いします。

    にほんブログ村 イラストブログ 描き方・技法へ