描きたい女の子を決めよう!

公開日: : 萌え絵上達法

模写やクロッキーなどの練習を続けていると思うのが
自分でもオリジナルの女の子が描きたいということです。

初心者だとオリジナル絵はなかなか描けません。
絵を描くための知識がないから当然です。

でもそれ以前に、自分の描きたい女の子がよくわかっていない
という理由もあると思います。

あなたが描きたい女の子は何頭身ですか?
脚の長さはどのくらいですか?
胸の大きさはどのくらいですか?

あなたが最も描きたいと思っている理想の姿をした女の子を想像してみてください。
ある程度は思い浮かぶと思います。
思い浮かばなければ、理想のアニメキャラでもかまいません。

描きたい女の子を早めに決めて、オリジナル絵を描くための足がかりにしましょう。

 

スポンサーリンク

 

●想像しよう!

①頭の大きさは体の大きさに比べてどのくらいの大きさですか?
頭身を決めるということです。一般的に萌えキャラは6頭身が多いです。

②首の太さは顔に比べてどのくらいの太さですか?
萌えキャラの首は細いです。私は1/3くらいにしています。

③肩の広さは頭に比べてどのくらいの広さですか?
萌えキャラの肩幅は狭いです。萌えキャラは頭が大きいので相対的に肩幅は狭くなります。

④B(バスト)、W(ウエスト)、H(ヒップ)のそれぞれの幅の比率はどのくらいですか?
バスト、ウエスト、ヒップの幅の比率を大きくするとボン、キュッ、ボンのグラマラスな体型になります。
逆に比率を小さくすると寸胴な体型になります。

⑤腕の太さはどのくらいの太さですか?
二の腕の太さから手首にいたるまで、それぞれ腕の太さを考えてみましょう。

⑥脚の太さや長さはどのくらいですか?
リアルではふともも側の脚の方が、ふくらはぎ側の脚よりも長いです。
でも萌えキャラにおいてはふくらはぎ側を長くしてもかまいません。

⑦ただし…
手や腕の長さは決まっています。
腕をまっすぐ下ろしたとき、手首が股間の位置に来るように描きます。
ここを守らないと腕が長すぎたり短すぎたりして不自然に見えます。
腕の長さだけは変えられません。

 

 

●素体を描こう!

上で決めた基準を元に素体を描いてみましょう。

POSEMANIACSPOSE STUDIOなどの素体練習サイトやソフトを利用します。
その中で登録されているポーズを、あなたが描きたい女の子の体型に変換して描きます。

8頭身を6頭身に変えたり、体のパーツを細くしたり太くしたりしなければならないと思います。
頭の大きさや腕の長さなどに気をつけながら描きましょう。

この方法は描くときに一度頭の中でイメージしなければならないので、
イメージの訓練にもなります。

また、自分の描きたい女の子を描いているので
普通の素体の模写よりも楽しいと思います。

ぜひいろいろなポーズに挑戦してみてください。

 

 

スポンサーリンク

関連記事

no image

【イラスト練習法】トレスのススメ

「トレスでは絵の上達はしない」と思っていませんか? たしかに線をなぞるだけのトレスでは、 人体構造

記事を読む

no image

絵を描くためのスキルと練習方法

突然ですが、絵が上手くなるために必要な能力ってひとつではないですよね。 線を引くときは立体を意識して

記事を読む

no image

イラストの練習は何のためにするの?

私たちはなぜイラストの練習をするのか考えたことはあるでしょうか? それはもちろんイラストの上達のた

記事を読む

no image

絵の上達のためのイラスト参考書活用術

あなたはイラストの参考書、もしくはイラスト教本を持っていますか? おそらく最低でも一冊は持っているか

記事を読む

no image

ニコニコを利用して上達しよう!

動画にコメントをつける機能でユーザーを増やし、今や日本を代表するサイトの一つとなったニコニコ動画。

記事を読む

no image

部分模写のススメ

部分模写といえば「手の練習」を思い浮かべる人は多いと思います。 しかし部分模写は何も手だけに限る必要

記事を読む

no image

【イラスト基礎練習その1】グリッドを使って模写しよう!

グリッドを使った模写は、絵を始めたばかりの初心者のための練習法だと思っていませんか? たしかにグリ

記事を読む

no image

メイキングを活用しよう!

イラスト完成までの製作過程がわかるメイキング。 メイキングを見ればどのようにイラストを完成させればよ

記事を読む

no image

効率良く絵が上達する方法

絵ってなかなか上達しないですよね? 毎日練習したとしても、その成長速度はとてもゆっくり。 数年の長い

記事を読む

no image

【イラストの基礎練習その2】箱の中に入れて描こう!

もう一つのイラストの基礎練習は『キャラクターを箱の中に入れて描く』練習です。 ルーミスの『やさしい

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。


  • ※ブログランキングに参加中です。
    クリックのご協力をお願いします。

    にほんブログ村 イラストブログ 描き方・技法へ