立体感覚を身につけるための練習法

公開日: : 萌え絵上達法

上手い人「立体を意識して描け!」
初心者「わかりました!次からは立体を意識して描いてみます!」

っていう返しはネットでよく見る光景です。

こんなとき私は立体を意識するとは具体的にどういうことだろうと思ったりします。

たしかに立体を意識しろ!と言われるとなんとなく絵にとって重要そうな気はします。
絵とは3次元のものを2次元に変換して描くものですからね。

でも本当は立体を意識するとはどういうことか、あまりピンときていない人は多いのではないでしょうか?
事実私もそうです。

なんとなくわかったようでわからない、そんな認識です。

もしかしたらその中途半端な認識を変えることができれば
初心者にとって最高の学びになるのかもしれません。

ここでは私なりにどうすれば立体を意識して描けるのか考えてみました。

 

スポンサーリンク

 

●立体感覚を養う練習法

立体を意識して描くためには、まず立体感覚を養う必要があります。
立体感覚とはモノを立体的に捉える能力です。

この立体感覚ですが、身につけるためには他の人が描いた絵を立体的に観察します。

そもそも立体的に観察できないと、立体的に描けるわけがないということです。

その立体的な観察方法とは次のようなものです。

 

①ポリゴンの女の子画像、もしくは上手い人の絵を用意する

観察用の画像を用意します。
ポリゴンモデルがベストですが、上手い人の絵でもかまいません。

注意点としては真正面の構図の絵は選ばず、なるべく真裸に近いもの、水着などを選んでください。

女の子の画像を用意する

 

②キャラクターを箱として考えてみる

画像内のキャラクターを強引に箱としてイメージします。

人体は箱のような角はありませんが、円柱と立方体の中間のような形をしています。
イメージするだけならそこまで難しくありません。

足なら細長い箱、頭ならわりと正立方体に近い箱でイメージできると思います。

正確にとか考える必要はありません。なんとなくでいいのです。

 

③箱の正面と側面を分ける境界線を引く

ここが最も重要なポイントです。
立体意識を身につけるための一番のとっかかりになります。
下の図を見てください。

境界線を意識する

箱は正面、側面、上面、下面に分かれます。
このうち、正面と側面が分かれる辺の線を強く意識してください。

ここが立体感覚を身につけるための要所中の要所です。

用意した画像に戻り、胴体や顔、脚など正面の部分と側面の部分が分かれるであろう境界の部分に線を引きます。

感覚でかまいません。
ここからここまでは正面だな、ここからここまでは側面だなと考えながら線を引きます。

腕だけは正面がどこかわかりづらいですが、三角筋~手の甲あたりを正面と考えるとよいかもしれません。

境界線を引く

(ちなみに最初に箱をイメージしたのは境界線をイメージしやすくするためです。 直線で引く必要はありません)

 

④正中線を引く

正面にあたる面に正中線を引きます。
人体は凸凹しているので、まっすぐな線にはなりません。
③で引いた境界線とは色を変えておくとわかりやすくなります。

正中線を引く

 

⑤断面を想像し、線を引く

ウエスト、首、太股の上部、足首、手首などの断面がどのような形に見えるか想像し線を引きます。
ここも感覚でかまいません。
(パースの知識を身につけると理解が深まる可能性もありますが、逆に混乱する可能性もあります。 あまりパースは考えないほうがよいかもしれません)

断面の線を引く

 

⑥模写する

②~⑤を繰り返していると次第に立体感覚が身についてくるはずです。

感覚がつかめてきたら、その感覚を維持しながら模写してみてください。
立体を意識しながら描けるようになると思います。

さらに感覚がつかめるようなら、もっと細かい体のパーツでも立体を意識できるようにしてみましょう。

普通の模写よりも有意義な模写になることは間違いありません。

 

 

●最後に

この練習方法は人体パースを身につけるための最初の一歩になります。

立体感覚はこの後の塗りにも大きく関わってくるので、ぜひ練習して身につけたいですね。

 

 

スポンサーリンク

関連記事

no image

メイキングを活用しよう!

イラスト完成までの製作過程がわかるメイキング。 メイキングを見ればどのようにイラストを完成させればよ

記事を読む

no image

上達を加速させる模写のコツ

模写をすると上手くなると言う人がいる一方で、模写しても上手くならないと言う人がいます。 私とし

記事を読む

no image

狙ったところに一回で線が引けるようになる方法

絵の上手い人は一回ささっと線を引くだけでものの形を取ることができます。 初心者なら誰しも一度は憧れま

記事を読む

no image

右脳モードで絵を描こう

数年前に右脳ブームがあったので知っている人も多いと思います。 左脳と右脳はそれぞれ得意分野があり、

記事を読む

no image

効率良く絵が上達する方法

絵ってなかなか上達しないですよね? 毎日練習したとしても、その成長速度はとてもゆっくり。 数年の長い

記事を読む

no image

【イラスト練習法】トレスのススメ

「トレスでは絵の上達はしない」と思っていませんか? たしかに線をなぞるだけのトレスでは、 人体構造

記事を読む

no image

顔から描かない

キャラクターを描くとき、いつも顔(頭部)から描いていませんか? 女の子の顔を描くのは楽しいです。

記事を読む

no image

もっとイラストを観察しよう!

優れた文筆家は読書量も半端ないと言われています。 ならば優れた画家も今まで鑑賞してきた絵画の数も半端

記事を読む

no image

ニコニコを利用して上達しよう!

動画にコメントをつける機能でユーザーを増やし、今や日本を代表するサイトの一つとなったニコニコ動画。

記事を読む

no image

【初心者向け】クロッキーをしよう!

クロッキーとは描く対象をすばやく描写することです。 速写ともいわれ、制限時間内で描くことを要求さ

記事を読む

Comment

  1. 匿名 より:

    すごい分かりやすく説明していただいて練習もはかどってます!ありがとうございます

Message

メールアドレスが公開されることはありません。


  • ※ブログランキングに参加中です。
    クリックのご協力をお願いします。

    にほんブログ村 イラストブログ 描き方・技法へ