【初心者向け】クロッキーをしよう!

公開日: : 萌え絵上達法

クロッキーとは描く対象をすばやく描写することです。
速写ともいわれ、制限時間内で描くことを要求されます。

このクロッキーは練習を繰り返すことで対象の特徴を掴み取る能力が増し、描くスピードが上がるとされています。

ですが、クロッキーは意義や定義、やり方などが人によって異なります。
ネットで調べてもやり方がまちまちです。

設定時間も3分だったり10分だったり、1時間だったりとずいぶん幅があります。
描くものもデッサンと変わらないほど描きこんだものや、少ない線だけで描いたものもあります。

初心者にとってはどれを参考にすればよいかわからないのではないでしょうか?

私自身クロッキーの腕は高くありませんが、私なりに初心者はどのようなクロッキーをすればよいか考えてみました。
参考になれば幸いです。

 

スポンサーリンク

 

●クロッキーの準備

クロッキーをするには用意するものがあります。

まずはカウントダウンタイマーです。
制限時間になったら音が鳴って教えてくれるおなじみの道具ですね。

TANITA デジタルタイマー でか見え ホワイト TD-384-WH

最近は携帯にデフォルトでついていますし、100円ショップによっては売っているところもあります。
パソコンのフリーソフトをダウンロードしても良いでしょう。
好きなものを選んでください。

 

次に紙とえんぴつです。

アナログならばクロッキー帳を使うと日々の成長の記録となるのでおすすめです。
クロッキー帳が一冊溜まるごとに上達しているのが実感できます。

マルマン クロッキーブック 中 白クロッキー紙 SM

 

 

●クロッキーの時間設定

クロッキーの時間設定は初心者にとって悩みどころです。

ネットでクロッキーを調べても設定時間については幅があります。
これはやはりクロッキーの解釈が人によって異なるためです。

一本の線だけで絵を表現するものクロッキーですし
デッサンほどではないがある程度描きこむのもクロッキーです。

ですが、前者なら時間はそれほどいらないはずですし、逆に後者ならば時間が長くないといけません。

つまり最初の時点でどのくらい描き込むか決めておかないと、時間を設定することはできないということです。

ただ初心者でなるならば、ある程度時間に余裕があったほうがいいです。
理由は後述しますが、最初は10分に設定するのが良いでしょう。

 

 

●クロッキーの対象の選び方

クロッキーをするときに何をモチーフにするかは正直難しいところです。
基本はヌード、もしくは水着などボディラインが出るものがベストです。

萌え絵を描きたいわけですから萌え絵を対象に選びたいところですが、個人的には全身が描かれている絵を選んでほしいです。

萌え絵だと足が見切れている絵が多く、全身画が非常に少ないです。
また背中からの構図が少ないことも大きな弱点です。

ですので、萌え絵で全身画を用意できない場合は、別のモチーフを探すことになります。

例えば3Dを使う方法があります。
ポリゴンモデルならば全身も入りますし、360°自由に動かせるので構図も選べます。

問題はポリゴンだと筋肉や間接などの細かい部分がわからないことです。

クロッキーでは描かない部分かもしれませんが、人はざっと眺めるだけでも少しは記憶しています。
ポリゴンモデルだけで練習すると、間接や筋肉の記憶の蓄積ができません。
長時間練習するほどその差ははっきりと出ます。

となると残るはリアルの写真や画像ということになります。

これならネットでも見つけやすいです。
画像検索すればたくさんの写真や画像が出てきます。

おすすめの画像検索ワードは「水着」「グラビア」「全身タイツ」です。
あくまで二次元にこだわるなら「美少女フィギュア」でも良いでしょう。

また「ポーズ集」を買うという選択もあります。
全身の写真が様々な角度で掲載されているのでとても便利です。

新ポーズカタログ〈1〉女性の基本ポーズ編

 

 

●クロッキーをする

先ほどクロッキーは人によって解釈が違うと言いました。

その理由はなぜかというと、クロッキーをすることで何を身につけたいのか人によって目的が違うからです。

一本の線だけで描き全体を表現したい
陰影もいれて質感を表現したい
人の動きを一瞬で捉え表現したい

このようにその人の目指す目標によってクロッキーの内容が変わるわけです。

でもこれらの目標は初心者にとっては敷居が高いと思います。
では初心者がクロッキーをするには何を目標に描けばいいのでしょうか?

私が一番おすすめするのは全体のバランスを意識しながら描くことです。

初心者は全体のバランスのみに一点集中してクロッキーします。

左右の脚の長さは揃っているか
腕は長すぎないか
顔や体の向きがズレていないか
対象よりも太ってみえたり細くみえたりしていないか

など全体のバランスやプロポーションを気にしつつ描いてください。

おかしいところがあったら消しゴムで消して直しましょう。
いろいろ修正を繰り返すうち、10分はすぐに過ぎていると思います。

もし慣れて時間が余るようでしたら、次から時間を短めに設定しましょう。

 

 

●最後に

今回は初心者向けのクロッキーの方法について紹介しました。
全体のバランスを意識して描くだけでも、かなり難しいことがわかると思います。

この全体のバランスを取る練習、手や顔などの部分練習、人体構造の理解など深めると よりよい上達が見込めます。

ぜひ毎日の基礎練習に組み込んでいただければと思います。

 

 

スポンサーリンク

関連記事

no image

立体感覚を身につけるための練習法

上手い人「立体を意識して描け!」 初心者「わかりました!次からは立体を意識して描いてみます!」 っ

記事を読む

no image

【イラスト基礎練習その1】グリッドを使って模写しよう!

グリッドを使った模写は、絵を始めたばかりの初心者のための練習法だと思っていませんか? たしかにグリ

記事を読む

no image

メイキングを活用しよう!

イラスト完成までの製作過程がわかるメイキング。 メイキングを見ればどのようにイラストを完成させればよ

記事を読む

no image

手癖で描かない

ネットで絵の上達について調べると絵が上手い人たちの「手癖で描くな!」というアドバイスをよく見ます。

記事を読む

no image

絵の上達のためのイラスト参考書活用術

あなたはイラストの参考書、もしくはイラスト教本を持っていますか? おそらく最低でも一冊は持っているか

記事を読む

no image

ニコニコを利用して上達しよう!

動画にコメントをつける機能でユーザーを増やし、今や日本を代表するサイトの一つとなったニコニコ動画。

記事を読む

no image

メモリーツリーを活用して創造性を刺激しよう

絵を描く行為とはイマジネーション、創造性のある活動です。 自分の頭の中のイメージを絵にする力が必要に

記事を読む

no image

絵を描くためのスキルと練習方法

突然ですが、絵が上手くなるために必要な能力ってひとつではないですよね。 線を引くときは立体を意識して

記事を読む

no image

狙ったところに一回で線が引けるようになる方法

絵の上手い人は一回ささっと線を引くだけでものの形を取ることができます。 初心者なら誰しも一度は憧れま

記事を読む

no image

もっとイラストを観察しよう!

優れた文筆家は読書量も半端ないと言われています。 ならば優れた画家も今まで鑑賞してきた絵画の数も半端

記事を読む

Comment

  1. 匿名 より:

    最近絵かきを初めてクロッキーという存在すら知りませんでしたが
    すごく参考になりました
    さっそくやってみようと思います

Message

メールアドレスが公開されることはありません。


  • ※ブログランキングに参加中です。
    クリックのご協力をお願いします。

    にほんブログ村 イラストブログ 描き方・技法へ