【レビュー】ヒロマサのお絵かき講座<顔の描き方編>

公開日: : レビュー記事

【マンガ】 ヒロマサのお絵かき講座<顔の描き方編> (廣済堂マンガ工房)

 

初心者にとって最初に描きたいところといえば「顔」
しかし顔を描くことはけっこう難しく、なかなかうまく描けないものです。

『【マンガ】 ヒロマサのお絵描き講座<顔の描き方編>』はキャラクターの顔の描き方をマンガ形式で学べる参考書です。

マンガを読みながら理解できるので、初心者でも取り組みやすいです。

pixivの講座人気を受けて書籍化です。
pixivの講座をまだ見てない方は一度見てみることをおすすめします。

 

スポンサーリンク

 

●【マンガ】 ヒロマサのお絵かき講座<顔の描き方編>レビュー

表紙

総ページ数は208ページ。
サイズはA5です。
けっこうボリュームがあります。

 

もくじ

目次です。
1回目 絵を描くための心構え
2回目 バランスの取れた顔
3回目 正面顔の描き方
4回目 ナナメ横顔の描き方
5回目 パーツを使った顔の描き分け
6回目 年齢の描き分け
7回目 男性キャラの描き方
8回目 髪のタイプを知ろう
9回目 リアルな髪の描き方
10回目 横顔の描き方
11回目 表情の描き方

の計11回に分かれています。

 

登場人物

漫画の登場人物は二人。

この本の著者本人で、絵の描き方をアドバイスしてくれる「ヒロマサ先生」と、絵を描き始めたばかりの女の子の「助手ちゃん」です。

 

絵を描くときの心構え

絵を描くには、まず心構えが大事。
かなり重要なことが書いてあります。

 

基本進行

基本的に絵がうまく描けなくて悩む助手ちゃんと、それに対しアドバイスするヒロマサ先生の形でストーリーが進んでいきます。

ちなみに重要なポイントは赤く表示されています。

 

正面顔の描き方

上の画像は「正面顔の描き方」です。
この他にも「ナナメ横顔の描き方」「横顔の描き方」「フカンアオリの顔の描き方」もあります。

 

Q&A

Q&Aコーナーのようなページもあります。
ほんの些細な疑問にも丁寧に答えています。

 

キャラの描き分け

中盤は顔の描き分けについて。
かわいい女の子だけでなく、強面の男やおじさんおばさんなどの美少女でも美少年でもないキャラクターの描き方もわかります。

 

髪の毛の描き方

髪の描き方について。
萌え絵のようなデフォルメタイプ、現実のリアルタイプ、そしてデフォルメとリアルの中間であるリアデフォタイプのそれぞれの髪の描き方について教えてくれます。

 

 

●【マンガ】 ヒロマサのお絵かき講座<顔の描き方編>感想

ヒロマサ先生が初心者だった頃の失敗の経験が元になっているため、初心者の目線に立ったわかりやすい講座になっています。

現在初心者向けの参考書は増えてはいるものの、これだけ初心者にかなり歩み寄った講座の本は今までなかったように思います。

人は絵が上手くなると、どうしても初心者の頃の感覚を忘れてしまいます。

ヒロマサ先生のように、上級者でありながら初心者の目線を持ってアドバイスすることは、なかなか出来ることではありません。

それだけにこの本は他の参考書とは一線を隠していると思います。

 

また本書は顔の描き方が中心ですが、絵を描くときの心構えとか考え方などの心理面についても触れています。

初心者の頃はとかく思い込みや勘違いをしやすいです。

例えば、単にたくさん描いていれば勝手に上達すると思い込んでしまえば、何も考えずにひたすら描くだけになってしまうことでしょう。

しかし絵を描くときの心構えを学んでいれば、初心者に特有の思い込みや勘違いによって、大きな回り道をしてしまうことは避けられるように思います。

 

 

注意点としては、目や鼻や口、耳などの顔のパーツの描き方は載っていません。

目や鼻や口の適切な配置の仕方がメインで、目の描き方や耳の描き方自体はありません。

どちらかと言うとバランス良く顔を描くためのアタリの取り方を教えてくれる本だと思ったほうが良いと思います。

 

また、紙面のサイズがA5なため、若干イラストが小さいように感じます。

マンガの部分は大きさ的に丁度良いのですが、マンガでない部分(文章とイラストだけの部分)は余白が少なくイラストが詰めて配置されているため見づらいです。

模写するときは、より集中して見る必要がありそうです。

 

 

最後になりますが、やはりマンガだと理解しやすいです。

実際のマンガのように、ベッドの上などで気軽にパラパラと読めるのが良いですね。

値段も低く抑えられていますし、初心者におすすめできる一冊です。

 

関連記事

no image

【レビュー】手を離してイラスト本が見れるブックスタンドのすすめ

1ヶ月ほど前にアマゾンにてブックスタンドを購入しました。 購入したのは『ELECOM EDH-0

記事を読む

no image

【レビュー】ペンタブレットIntuos Pro medium (PTH-651/K0)

約1年8ヶ月ほど使っていた『Bamboo』から、新たにペンタブを『Intuos Pro』のM

記事を読む

no image

【レビュー】萌えキャラクターの描き方 顔・からだ編

『萌えキャラクターの描き方』は今ではシリーズ化し何冊か刊行されていますが、 『顔・からだ編』はそ

記事を読む

no image

【レビュー】萌えキャラクターの描き方 しぐさ・感情表現編

『萌えキャラクターの描き方 しぐさ・感情表現編』は女の子のかわいらしいしぐさや感情表現の描き方を

記事を読む

no image

【レビュー】Let’s Make ★ Character CGイラストテクニック vol.3

一人のイラストレーターにスポットを当てそのメイキングを紹介するCGイラストテクニックシリーズ。

記事を読む

no image

【レビュー】5日間で学ぶ!お絵描きPhotoshop教室

  プロの現場では必ずと言っていいほど使われるPhotoshop。 それゆえなんだか

記事を読む

no image

【レビュー】マンガの基礎デッサン セクシーキャラ編

胸やお尻の大きいセクシーな女の子ってついつい目が行ってしまいますね。 『マンガの基礎デッサン

記事を読む

no image

【レビュー】CLIP STUDIO PAINT EX 公式ガイド

Illust StudioとComic Studioが合体し、イラスト&マンガ制作ソフトとして生

記事を読む

no image

【レビュー】マンガの基礎デッサン 女の子 コスチューム編

女の子の絵を描きたいなら、何といってもコスチューム。 絵描きにとって萌えとは女の子の可愛さとコス

記事を読む

no image

【レビュー】制服嗜好

萌え絵ではセーラー服やブレザーは定番中の定番。 しかしいざ描いてみると、細かい部分の構造がよくわ

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。


  • まだデータがありません。

  • ※ブログランキングに参加中です。
    クリックのご協力をお願いします。

    にほんブログ村 イラストブログ 描き方・技法へ