【レビュー】絵になるキャラポーズの法則 コントラポストを応用した画期的なポーズの基本

公開日: : レビュー記事

絵になるキャラポーズの法則 コントラポストを応用した画期的なポーズの基本

今回のレビューは『絵になるキャラポーズの法則 コントラポストを応用した画期的なポーズの基本』です。

『コントラポスト』という聞き慣れない言葉が出てきます。
その意味は「人体を美しく見せるためのテクニック」のこと。

女の子をより魅力的に描くためには、このコントラポストを知ることが鍵になります。

本書はコントラポストをテーマとした専門の参考書です。
コントラポストを知り応用することで、女の子をよりかわいく描きましょう。

 

 

●『絵になるキャラポーズの法則』レビュー

『絵になるキャラポーズの法則』表紙 『絵になるキャラポーズの法則』もくじ

総ページ数176P。
白黒赤の二色刷り印刷でカラーページはありません。

第一章 コントラポストとは
第二章 かわいい・ちょっとセクシー・優雅をコントラポストで演出する
第三章 アクションにおけるコントラポスト
第四章 小道具を持ったときのコントラポスト

の四章構成で、完全に女の子を描きたい人向けの内容になっています。
(男性はなし)

 

コントラポストの基本ポーズ

コントラポストで最も重要なのが「肩の傾き」「腰の傾き」「重心」の3つ。
この3つのポイントは「赤い矢印」「赤い線」で表示されていて、とてもわかりやすくなっています。

 

コントラポストとパース

パースを意識した作画の例です。
パース線と肩・腰のラインのズレが一目でわかります。

 

座った場合のコントラポスト 寝た場合のコントラポスト

座った場合と、寝た場合のコントラポストの説明もあります。

 

かわいらしさを強調したコントラポスト

女の子を魅力的に見せるには3つのポイントがあるそうです。
そのポイントとは「かわいらしさ」「ちょっぴりセクシー」「優雅」の3つです。

 

中学生のコントラポストの例

女の子の成長の過程によるコントラポストの例です。
「幼稚園」「小学校低学年高学年」「中学1年~3年」「高校1年~3年」「第二次性徴前期~後期」などと細分化されていて、この参考書の中で最も力が入っています。

 

体を動かしたときのコントラポスト

体を動かしている状態でのコントラポストの例です。
主に「走る」「ジャンプ」「投げる」「打つ」「蹴る」「踊る」など。

 

バッグを持ったときのコントラポスト

道具を持った場合のコントラポストの例です。
「携帯電話」「マイク」「バッグ」のほか「剣」「弓」「杖」などのファンタジー系の道具の例があります。

 

 

●『絵になるキャラポーズの法則』感想

全編に渡り『コントラポスト』というテーマが一貫しています。

描かれたイラストはほぼ全て全身絵ばかりです。
そして全身絵のイラストごとに「肩や腰の傾き」や「重心の位置」が表示されています。

一点一点のイラストはそんなに描きこまれてはいません。
しかしその分、重心の位置や全体のポーズのバランスについては、かなり気を使って描かれている印象があります。

基本の立ちポーズだけでなく、座っているとき、寝ているとき、体を動かしているときの例もあるので、ポーズは幅広くカバーされています。

 

コントラポストの説明だけではありません。
メインの第二章はコントラポストの説明に留まらず、どうすれば女の子がより魅力的に描けるかを具体的に説明しています。

基本的には文章での説明ですが、女の子イラストのとなりには素体イラストも描かれており、その素体イラストのおかげでとても理解しやすくなっています。

また場合によってはコントラポストを強調する前のイラストと強調した後のイラストの比較もあるので、さらに理解を深めやすくなっています。

幼稚園児のコントラポスト

 

この参考書の使い方としては、やはり模写するための教材として使うことがベストかと思います。

肩や腰の傾き、重心を意識した全身絵を模写することで、女の子のポージングに強くなることが期待できます。

立ち絵のバリエーションを増やしたい人、ポーズのバランスで悩んでいる人、上半身絵ばかりで全身を描かない人には最適の参考書だと思います。

 

 

●最後に

デメリットも見つけようとしましたが、今のところありません。
コントラポスト専門の参考書ということで、その目的は充分に果たされていると感じます。

かなり専門性の高い本なので、欲しくない人は欲しくない、欲しい人は欲しいがはっきりしている気がします。
私の今の実力だとドンピシャの内容なので、私は購入して良かったと思っています。

 

 

関連記事

no image

【レビュー】ペンタブレットIntuos Pro medium (PTH-651/K0)

約1年8ヶ月ほど使っていた『Bamboo』から、新たにペンタブを『Intuos Pro』のM

記事を読む

no image

【レビュー】スーパーマンガデッサン―作画のための考えるデッサン

2005年刊行と古いですが今でも初心者おすすめの良書として挙げられることが多いのが、 この『スー

記事を読む

no image

【レビュー】萌えキャラクターの描き方 しぐさ・感情表現編

『萌えキャラクターの描き方 しぐさ・感情表現編』は女の子のかわいらしいしぐさや感情表現の描き方を

記事を読む

no image

【レビュー】服のシワの描き方マスターブック

かわいいコスチュームは萌え絵の華。ぜひ描けるようになりたいものです。 しかしそんな私たちに立ち

記事を読む

no image

【レビュー】アーティストのための美術解剖学

人体構造を学ぶことは絵の上達の近道です。 それは萌え絵も例外ではありません。 今回は人体構造を

記事を読む

no image

【レビュー】手を離してイラスト本が見れるブックスタンドのすすめ

1ヶ月ほど前にアマゾンにてブックスタンドを購入しました。 購入したのは『ELECOM EDH-0

記事を読む

no image

【レビュー】ヒロマサのお絵描き講座<体の描き方編>

  Pixivで人気のヒロマサ先生の講座の書籍版第二弾が【マンガ】ヒロマサのお絵描き

記事を読む

no image

【レビュー】制服嗜好

萌え絵ではセーラー服やブレザーは定番中の定番。 しかしいざ描いてみると、細かい部分の構造がよくわ

記事を読む

no image

【レビュー】ヒロマサのお絵かき講座<顔の描き方編>

  初心者にとって最初に描きたいところといえば「顔」 しかし顔を描くことはけっこう難

記事を読む

no image

【レビュー】初めて描く人のための漫画キャラデッサン

新たに萌え絵を始めたい人に最適な参考書が刊行されたのでレビューしてみたいと思います。その参考書と

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。


  • まだデータがありません。

  • ※ブログランキングに参加中です。
    クリックのご協力をお願いします。

    にほんブログ村 イラストブログ 描き方・技法へ