簡単!女の子のボディの描き方

公開日: : 萌え絵の描き方

今回は萌え絵の女の子のからだの描き方です。

「やわらかく丸みを帯びたフォルム」
「魅惑的なボデイライン」

などなど、女の子のからだは多くの男性の目を釘付けにします。
当然、紙の上にもその魅力を投影したいですね。

とはいえ、ただ単にくびれをつければ良いのか、というとそう簡単ではありません。
ここはやはり骨格をしっかりと意識しつつ描くべきでしょう。

骨格を意識したアタリをとることによってバランスの良いからだを描く……
その9つのステップを紹介します。

 

スポンサーリンク

 

●萌え絵の女の子のボディを描く9つのステップ

①頭と首を描く

からだを描く前に頭と首を描きましょう。
頭の描き方はこちらで紹介しています。
>>かわいい顔を描きたい!顔の描き方のコツ

顔と首を描く

②肩のラインをとる

左右の肩を結ぶ線を引きます。
直線でもかまいませんが、ここでは少し弓なりにします。

肩のライン

③胸骨のラインをとる

肋骨の正面の中心にある胸骨のラインをとります。
長さはお好みですが、私は顔(おでこからあご先)と同じくらいの長さにしています。
引き終わったら、肩の左右と胸骨の下をそれぞれ線で結んでおきます。

胸骨のライン

④肋骨弓を描く

肋骨弓は胸郭の一番下の弓なりになっている部分のことです。
そのすぐ下にはみぞおちがあります。
とりあえず偉い人のひげのような線を引くと覚えればよいでしょう。

肋骨弓を描く

⑤胸郭を描く

胸郭は肋骨が集まったかご状の部位です。
肺のかたちに似ていますね。

胸郭を描く

⑥ウエストラインを描く

「ノ」の形のようにさくっと引きます。

ウエストライン

⑦骨盤のラインを描く

内側はちょうどおなかの部分です。
妊娠すると大きく膨らみます。
ひらがなの「ひ」の形に似ていますが、U字の部分が大きいです。

腸骨稜を描く

⑧脚の付け根のラインを描く

脚の付け根のラインと股間の部分を描きます。
股間の部分は少しだけ膨らみます。

脚の付け根のライン

⑨最後に手や足などを加えて完成です

手足を加える

 

 

●最後に

この例では正面でのからだのアタリの取り方を紹介しました。
少し斜めや少し上くらいから見た構図なら、この描き方でカバーできると思います

またアタリの取り方は人によって違いますが、骨格や筋肉の理解が深まるほど多くのアタリの取り方を編み出すことができると思いますので、ぜひ学んでみてくださいね。

 

 

スポンサーリンク

関連記事

no image

耳の描き方のコツ

女の子の髪の毛から軽くのぞく耳はかわいらしいです。 あまり露出しない部分ですが、しっかりその存在を主

記事を読む

no image

わき(脇・腋)の描き方のコツ

女の子のわき(脇・腋)は男のフェチ心をくすぐる大事な萌えポイントのひとつです。 女の子イラストにわ

記事を読む

no image

頬を意識することで女の子の萌え度がアップする

女の子の顔の中で最も印象的な部位といえば目です。 でも、何も目だけが女の子の魅力を決めるものではあり

記事を読む

no image

萌え絵の髪の描き方のコツ

絵描きにとって髪の毛は手と並び最も難しいところです。 練習しても、なかなかプロの絵描きのような美しい

記事を読む

no image

かわいい顔を描きたい!顔の描き方のコツ

萌え絵にとって最も重要な場所、それが『顔』です。描いていて一番楽しい場所でもありますね。 萌え絵の

記事を読む

no image

ポニーテールとツインテールの描き方のコツ

萌え絵にとって定番の髪型といえば「ポニーテール」と「ツインテール」です。 美少女がたくさん出てくる

記事を読む

no image

萌え絵の手指の描き方のコツ

人体の中でも手は最も描くのが難しい部分です。 初心者が一朝一夕で描けるものではありません。 それな

記事を読む

no image

萌え絵の目の描き方のコツ

萌えキャラのかわいさを決定づけるその大きな「目」 目が上手く描けるだけで、そのキャラクターの魅力

記事を読む

no image

俯瞰とアオリの顔の描き方のコツ

正面や斜めの構図の顔なら描けるけど、俯瞰と構図の顔だと描けないという人は多いと思います。 元々俯瞰

記事を読む

no image

鼻を描く位置を考えよう!

萌え絵の鼻は人体の中でも最もデフォルメの効いている場所のひとつ。 一筆ちょんと点を打つだけで簡単に鼻

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。


  • ※ブログランキングに参加中です。
    クリックのご協力をお願いします。

    にほんブログ村 イラストブログ 描き方・技法へ