もっとイラストを観察しよう!

公開日: : 萌え絵上達法

優れた文筆家は読書量も半端ないと言われています。
ならば優れた画家も今まで鑑賞してきた絵画の数も半端ないのではないでしょうか?

萌え絵を目指すならば、やはり他の人が描いた萌え絵にもっと触れるべきです。

イラストの観察から得られるものはたくさんあります。
上達は何も絵を描くだけとは限りません。

 

スポンサーリンク

 

●一枚のイラストをじっくり観察しよう

今はパソコンでイラストやCGが簡単に見れる分、一作品に触れる時間は短くなりがちです。

「顔や胸、太ももなど、肌色成分が多いところだけ見る」
「大量のイラストをどんどん切り替えて見る」
など、思い当たる節は多いと思います。

これらイラストの見方は決して間違いではありません。
どのようにイラストを見るのかはその人の自由です。

しかし絵を描く立場であるならば、また別の見方を取るべきです。
それはイラストが上達するための観察の仕方です。

 

①最低でも10分は見る

その作品の描き込みにもよりますが、一枚のイラストを観察する時間は最低でも10分以上はかけます。

時間を多くかけることで、気づくことはたくさんあります。

10分は長く感じるかもしれませんが、いざじっくり観察しようと心掛けると、10分間はあっと言う間に過ぎてしまいます。

おそらく10分では足りないと感じるでしょう。

 

②拡大して見る、離れて見る

細かいディテールの部分などは拡大して観察します(デジタルの場合)

線の引き方、色の塗り方、フリルやアクセサリーの描き方、服のしわの陰影、髪の束ごとの流れなどの細部は、拡大したほうが見やすいはずです。

また拡大してみるのとは逆に、モニターから離れて観察することも大事です。

離れて見ればイラストの全体像が捉えやすくなります。

 

③目を閉じて思い出す

せっかくイラストを観察してもすぐ忘れてしまえば意味がありません。
イラストを観察したら、覚えているかどうか思い出してみましょう。

「イラストを見る」
「目を閉じて思い出す」
を何度か繰り返して頭の中にインプットします。

おそらくいきなりイラスト全体は思い出すことは無理だと思います。
ですのでとりあえずは好きなところの一部分から始めてみてください。

 

インプットを増やせば増やすほど、自分のイラストの引き出しが増えていきます。

個人的には模写で描くよりも観察して何度も思い出すほうが、視覚的にはインプットしやすいように感じます。

 

 

●観察することのメリット

イラストをじっくり観察することは、主に2つのメリットがあります。

 

①自分の描きたいものがわかる

自分の描きたいものを知るには、まず他の人がどんなイラストを描いているか知る必要があります。

多くのイラストを観察すれば、中には自分が表現したいものに近いものが見つかるはずです。

このリボンの描き方はかわいいな、とかこの髪の毛の塗り方が好き、など細かくても良いので、どんどん見つけていきましょう。

小さいものでもたくさん見つけていけば、次第に自分の進むべき方向が見えてくるかと思います。

 

②イメージ力がつく

目を閉じてイラストを思い浮かべることで、次第にイメージ力(視覚的記憶力、映像記憶)が身についてきます。

このイメージ力は絵描きにとって必要不可欠な能力です。

0から新しいものを生み出すにしても、資料を上手く自分のイラストに適用するにしても、イメージ力を使うことになります。

今のうちから取り組んでおくと良いでしょう。

 

 

●最後に

観察することは描くことと同じくらい重要です。

ついつい描くことに比重が置かれがちですが、絵描きならば日常的に他の作品に触れることも大事なことです。

ですのでじっくりイラストを観察することを習慣にしてください。
描くこととはまた別の手応えを感じると思いますよ。

 

 

スポンサーリンク

関連記事

no image

絵を描くためのスキルと練習方法

突然ですが、絵が上手くなるために必要な能力ってひとつではないですよね。 線を引くときは立体を意識して

記事を読む

no image

【イラスト練習法】トレスのススメ

「トレスでは絵の上達はしない」と思っていませんか? たしかに線をなぞるだけのトレスでは、 人体構造

記事を読む

no image

描きたい女の子を決めよう!

模写やクロッキーなどの練習を続けていると思うのが 自分でもオリジナルの女の子が描きたいということです

記事を読む

no image

【イラスト】苦しいが効果の大きい練習法

絵の練習には楽しいものもあれば苦しいものもあります。 楽な練習ばかり選んでいると、そのうちに絵の成長

記事を読む

no image

【イラストの基礎練習その2】箱の中に入れて描こう!

もう一つのイラストの基礎練習は『キャラクターを箱の中に入れて描く』練習です。 ルーミスの『やさしい

記事を読む

no image

手癖で描かない

ネットで絵の上達について調べると絵が上手い人たちの「手癖で描くな!」というアドバイスをよく見ます。

記事を読む

no image

顔から描かない

キャラクターを描くとき、いつも顔(頭部)から描いていませんか? 女の子の顔を描くのは楽しいです。

記事を読む

no image

イラストの練習は何のためにするの?

私たちはなぜイラストの練習をするのか考えたことはあるでしょうか? それはもちろんイラストの上達のた

記事を読む

no image

絵をはじめたばかりの初心者はまず何から始めればいいの?

「絵を描きたい!将来プロの絵描きになりたい!」 そんな思いでこれから絵をはじめようと思っているあなた

記事を読む

no image

イラストを描く人のための周辺視トレーニング

このブログでは何度か周辺視の重要性について触れています。 ですが実際に周辺視しながら描くとはいったい

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。


  • ※ブログランキングに参加中です。
    クリックのご協力をお願いします。

    にほんブログ村 イラストブログ 描き方・技法へ